ひどい「頭痛持ち」が多い都道府県ランキング、5位群馬県、4位長野県、3位山梨県、2位鳥取県、では1位は?

病気やケガが原因ではない、日常生活で突発的に起こる頭痛に悩ませられている人は多いだろう。なかには、ひどい頭痛持ちで鎮痛剤を服用している人もいる。そんな中、頭痛に関する興味深い調査結果が発表された。実は、都道府県によって頭痛持ちに悩んでいる人の割合がかなり異なるようなのだ。

今回は、第一三共ヘルスケアが、20代~50代を対象に調査した「頭痛に関する意識及び実態」から、ひどい頭痛持ちが多いとされる都道府県を紹介しよう。

トップ3に共通する頭痛の原因とは?

働き手の多い東京が上位ではないのが意外。仕事の満足度が高く、ストレスを感じていないのか?(第一三共ヘルスケア調べ)

 ひどい頭痛持ちの割合、第3位は「山梨県」で25.0%。第2位は「鳥取県」で25.6%。第1位は「鹿児島県」で25.7%だった。4位以下をみると、4位「長野県」24.3%、5位「群馬県」24.2%、6位「茨城県」23.2%、7位「栃木県」22.5%、8位「福井県」22.1%、9位「神奈川県」21.8%、同率9位「新潟県」21.8%と、鹿児島、鳥取、福井以外は、関東甲信越地方が上位にランクインした。

 トップ3に共通して、回答者がひどい頭痛の原因として感じているのが、ストレスによるものだという。なかでも「仕事・労働環境・職場の人間関係」のストレスは全国平均が59.7%だったのに対して、山梨は62.0%、鳥取は62.2%、鹿児島は64.4%と、仕事によってストレスを抱えている人が多いようだ。

 また、頭痛により「仕事や家事の生産性が損なわれるか」というアンケートでは、全国平均が59.7%に対して、山梨は65.2%、鳥取は62.2%、鹿児島は64.4%という結果に。ストレスの原因が仕事関係な上に、さらにその仕事がおろそかになるという悪循環に陥っている回答者が多いようだ。

ひどい「頭痛持ち」が多い都道府県ランキング、5位群馬県、4位長野県、3位山梨県、2位鳥取県、では1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング山梨県頭痛鳥取県鹿児島県】の最新ニュースをいち早くお届けします。