「ゆうちょ銀行」新たに手数料導入&値上げ! 2022年1月からの3つの改定内容と損しない利用方法を解説

日本全国どこにでもあって使い勝手がいい「ゆうちょ銀行」。普段からゆうちょ銀行を使っている人も多いと思うが、そんなゆうちょ銀行が2022年1月17日から新たに手数料を導入するとともに、一部手数料を値上げするのをご存じだろうか? ボーッとしているとムダに手数料を取られてしまうので、今回はゆうちょ銀行の手数料改定の内容と、今後、どのように対処すれば損しないかを解説しよう。

2022年1月17日からゆうちょ銀行の手数料には気を付けろ!

 日本全国2万4,000カ所も窓口があり、1億2,000口座をかかえる「ゆうちょ銀行」。2020年3月末時点で貯金残高はなんと183兆円もあるそうだ。アナタも普段からゆうちょ銀行を利用しているのでは?

 そんなゆうちょ銀行が、2022年1月17日から新たに手数料を導入したり、従来の手数料を値上げすると発表した。主な内容は【1】コンビニやショッピングモールにあるATMで利用料金が必要になる。【2】小銭の預け入れ・払戻しに手数料が必要になる。【3】現金での払込みやペイジーで追加手数料が必要になる、の3点である。今後は、何も考えずにゆうちょ銀行を利用するとムダな手数料を取られてしまうので、しっかりと改定内容を確認しておこう。

日本全国にあるゆうちょ銀行。2022年1月17日からは、新たな手数料が設定されたり、手数料が値上げされるので注意しよう

【1】コンビニやショッピングモールにあるATMで手数料が必要になる

 ゆうちょ銀行はほかの銀行と違って、平日・休日、時間帯にかかわらず、いつでもゆうちょATMの利用料が無料である。しかし、今回の改定では、ファミリーマートやショッピングセンター、駅などに設置されたゆうちょ銀行ATMでは、時間帯によって110円の利用料がかかるようになる。

 今後は利用料がかかるATMにはステッカーが貼られ、画面にも料金がかかる旨が表示されるが、ボーッとしていると余計な利用料を取られて損するので十分注意しよう。もちろん、郵便局に設置されたゆうちょ銀行ATMは、これまで通りいつでも無料で利用できる。不安なら近所の郵便局にあるATMを利用しよう。

郵便局やゆうちょ銀行にあるATMは今後も無料で利用できるが(写真右)、ファミリーマートなどに設置されている外部のゆうちょ銀行ATMでは、今後、時簡帯や曜日によって利用料がかかる(写真左)

外部に設置されたうゆちょ銀行ATMでは、今後、平日9時45分~18時と土曜日の9時~14時の間は無料。それ以外の時間帯や日曜・祝日などは110円の利用料を取られるようになる

【2】小銭の預け入れ・払戻しに手数料が必要になる

 ゆうちょ銀行ATMでは、これまで小銭の預け入れ・払戻しは無料でできたが、今後は一部で手数料が必要になる。小銭の預け入れ・払戻しにかかる手数料は、ATMでの払い戻しが110円、預け入れは25枚までが110円、50枚までが220円、100枚までが330円となっている。窓口では50枚までが無料、100枚までが550円、500枚までが825円、501枚以上は1,100円の手数料がかかるので、大量の小銭を持ち込むときは注意したい。

 また、ゆうちょ銀行ATMでの小銭を含む預け入れ・払戻しは、平日7時~18時までに限定され、平日の18時以降や土・日・祝日は対応してもらえなくなることも覚えておこう。

 なお、窓口において払い戻しのお金の金種指定をして、枚数が51枚以上になると手数料を取られることになった。たとえば、2万円の払い戻し時に、1万円札×1枚+5,000円札×1枚+100円玉×50枚にして欲しいと頼むと、550円の手数料を取られてしまうのだ。

今後、ゆうちょ銀行に大量に小銭を持ち込むと、手数料を取られるようになる。もし大量の小銭を貯め込んでいるなら、2021年内に預け入れたほうがいいだろう

上表がATMでの硬貨預け入れ・払い戻しの手数料。下が窓口での手数料だ。もし、50枚以下の硬貨が含まれているとき、窓口なら無料になることを覚えておこう

【3】現金での払込みやペイジーで追加手数料が必要になる

 これまで、ゆうちょ銀行では口座(通帳・キャッシュカード)から払込んでも現金で払込んでも、手数料に違いはなかった。しかし、今後は現金での払込みには1件ごとに110円の手数料が追加されるようになる。

 対象になるのは「通常払込み」と「Pay-easy(ペイジー)」で、「払込料金加入者負担(料金受取人負担)」の払込取扱票による払込みなど、受取人が払込み料金を負担する場合であっても加算料金は払込人が支払うことになる。

 もちろん、ゆうちょ銀行の口座(通帳・キャッシュカード)からの払込みであれば、従来と同じ手数料になるので、払込みは通帳やキャッシュカードでするほうがお得になる。

(Image:jp-bank.japanpost.jp)

今後、振込取扱票での支払いでは、現金で払込むと110円が加算されて損! 通帳・カードで払込んだほうがお得になる(ゆうちょ銀行公式サイトより転載)

●ゆうちょ銀行「2021年07月02日一部商品・サービスの料金新設・改定について」(公式)は→こちら

「ゆうちょ銀行」新たに手数料導入&値上げ! 2022年1月からの3つの改定内容と損しない利用方法を解説のページです。オトナライフは、【マネーゆうちょ銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。