楽天モバイルのシェア、実は「1%台」だった!? CM打ちまくりなのに伸び悩むワケ

口コミが絶望的?「メインに使うには勇気がいる」

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

携帯電話なのに繋がらないのでは意味がない

 楽天モバイルの利用者がイマイチ伸びない理由のひとつとして挙げられるのが、口コミの悪さである。特に通信環境に関しては不満の声が続出。ネットでは「楽天モバイル圏外多すぎて不便極まりない」「楽天回線エリア内なのにほぼパートナー回線で無制限の恩恵無し」「サブで持ってるけど通信安定しないからメインで使うのは勇気がいる」などと、繋がりにくさを嘆く声が数多く上がっている。

 スマホ料金を抑えたいと考える人は、比較的若い世代に多い傾向がある。若い世代は情報リテラシーが高く、ネットで実際に使ってみた人の意見を参考にして決断をするケースが多いだろう。つまり、楽天モバイルが売り出している“安さ”を求める層は、楽天モバイルが放映しまくっているCMには惑わされないのではないだろうか。

 9月11日に発生した大規模な通信障害で、またも繋がりにくさの悪評に拍車をかけてしまった楽天モバイル。CMの放映頻度とシェアが釣り合う日は来るのだろうか。

参照元:電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(令和3年度第1四半期(6月末))【総務省

※サムネイル画像(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

楽天モバイルのシェア、実は「1%台」だった!? CM打ちまくりなのに伸び悩むワケのページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。