「iPhoneが操作できない」ときの原因や対処法を解説!

iPhoneを日々使用していて、急に操作できなくなってしまったという経験のある人もいるのではないでしょうか。急にiPhoneが使えなくなると、故障ではないかと不安になることがありますよね。

この記事では、そんな悩みを抱える人に向けて、iPhoneが操作できなくなるとどうなるのか、原因や対処法について解説していきます。

iPhoneが操作できなくなるパターンは?

iPhoneが、操作できなくなるときに示す症状には以下のようなものがあります。

●画面が真っ暗になって動かなくなる
●画面をタッチしても反応しない
●液晶が割れている

それぞれ、解説していきます。

画面が真っ暗になって動かなくなる

電源をつけているのにもかかわらず、画面が反応しない状態のことです。この場合、故障の可能性もありますがiPhoneのバッテリーが切れている可能性があります。またシステムの不具合で画面がつかないケースもあります。

画面をタッチしても反応しない

このケースでは画面自体はついているにもかかわらず、画面をタッチしても反応しません。タッチが反応しない原因としては、ホコリが画面に付着しているケースや保護フィルムがタッチを阻害しているケースがあります。画面を清潔な状態で使うようにすれば、タッチが反応することが多いです。

液晶が割れている

iPhoneは液晶が割れていると操作ができなくなってしまいます。通常、iPhoneは画面が割れただけでは操作できなくなることはありません。これはタッチする表面のガラスと内部の液晶が独立しているからです。しかし、落下などによる破損が液晶の部分で起きてしまうと操作できなくなってしまいます。

iPhoneが操作できなくなる原因

ここからはiPhoneが操作できなくなる原因を解説していきます。原因がわかれば、iPhoneを操作できなくなる状況を未然に防げる可能性もあります。

iPhoneが操作できなくなる原因には以下のとおりです。
●ソフトウェアの不具合
●保護フィルムによってタッチが認識されない
●iPhoneのバッテリーの問題
●マルチタスクによる問題
●iPhoneが水没してしまっていた

それぞれ詳しく解説していきます。

ソフトウェアの不具合

iPhoneのソフトウェアが古いバージョンだと、不具合を起こすことがあります。その場合、すぐにソフトウェアをアップデートすることで状況が改善する可能性があります。

ただし、ソフトウェアを最新のものにしたとしても、一時的な不具合を起こす可能性はゼロではありません。ただし、長期的に見ればソフトウェアは最新のものにしておいた方が快適にiPhoneを使用することができます。

保護フィルムによってタッチが認識されない

保護フィルムはiPhoneの画面を汚れや指紋から守ってくれるものですが、タッチが認識されなくなる原因になるケースもあります。

この場合、保護フィルムを外しての使用を試してみるのがおすすめです。また画面について汚れで反応が悪くなる場合については定期的な掃除をするようにしましょう。

iPhoneのバッテリーの問題

iPhoneのバッテリーは長年の使用とともに劣化していくものです。バッテリーが劣化してしまうと、充電してもすぐにバッテリー切れを起こしてしまうことが多くなります。また充電して画面がついたとしても急にシャットダウンしてしまうケースもあります。

このようにバッテリーを原因としている場合は、バッテリーを交換するために修理店などにiPhoneを見てもらうのがおすすめです。

マルチタスクによる問題

iPhoneは、バックグラウンドで複数のアプリを起動している状態だと動作が遅くなってしまいます。これは起動しているアプリが多ければ多いほど起こりやすくなり、動作が完全に停止してしまうケースもあるのです。

バックグラウンドでアプリはできるだけ起動しないように、シングルタスクを心がけるようにしましょう。

iPhoneが水没してしまっていた

(Image:Karlis Dambrans / Shutterstock.com)

iPhoneは精密機器ですので水に弱いです。そのため気づかないうちに水没してしまっている場合や濡れた手で触ってしまう場合、キッチンなど水回りにiPhoneを置いていて水滴がついてしまう場合は故障の原因になります。

iPhoneに、水分がつく原因になる要素はできるだけなくしておくようにしましょう。

「iPhoneが操作できない」ときの原因や対処法を解説!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。