iPhoneにケーブルを差し込んだのに「充電できない」ときの原因と対処法を解説

点検や修理をしてもらう際には正規店と非正規店のどちらがよい?

iPhoneが充電されず、その原因がバッテリーなど本体にある場合には業者に修理に出す必要があります。その際の選択肢には大きく分けて正規店と非正規店の2つがあります。

正規店はメーカーから許可を得て修理などを行っている店舗です。正規店の多くはiPhoneの製造元であるAppleの許可を得ている店か大手キャリアが運営する店です。これらの店は信頼性が高いという特徴があります。

正規店には保証期間が設けられており、この期間外だと修理などが受けられないなどの制限もあります。

非正規店は正規店のように許可を得ていない店です。修理に出したiPhoneは初期化されることはなく、そのまま戻ってくるのが特徴です。いつでも修理に出すことができますが、一度利用すると正規店で修理を受けられなくなるデメリットもあります。

費用の面を考えるならば、iPhoneの保証期間中は正規店の方が安いです。ただし保証期間をすぎてしまうと正規店の修理費用は高くなり、非正規店の方が安い傾向にあります。

また、非正規店では修理したiPhoneを即日引き渡ししてくれます。両者の修理能力に大きな差はありませんのでこれらのことを検討したうえで修理してもらう店舗を選ぶようにしましょう。

iPhoneの初期化で改善するケースもある
iPhoneを初期化することで、充電できないという問題を改善できることがあります。この際に注意しなければならないのは、重要なデータのバックアップを取っておくことです。

iPhoneに大事なデータが入っている場合、バックアップを取っていないと初期化に伴ってデータを紛失してしまいます。iPhoneの初期化は設定アプリの「すべてのコンテンツと設定を消去」から行うことができます。

まとめ

ここまでiPhoneを充電できないときの原因や対処法について解説してきました。iPhoneが充電できない原因はさまざまですが、機器の故障だけではなく人間側のミスによるケースもありますのでしっかり確認することが大事です。

iPhoneや電源アダプター、Lightningケーブルに問題があるときは原因にあった対処法をとるようにしましょう。特に電源アダプターやLightningケーブルはAppleの純正品でなければ、接続不良など問題が起きやすくなってしまいます。

iPhoneのバッテリーの劣化や故障が原因のときには修理に出す必要があります。修理店には正規店と非正規店の2種類がありますが、iPhoneの保証期間内ならば正規店、保証期間外ならば非正規店を選んだ方が費用は安くなる可能性が高いです。

iPhoneを充電できないときはこの記事で解説した対処法を試してみてください。

※サムネイル画像(Image:Wachiwit / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iPhoneにケーブルを差し込んだのに「充電できない」ときの原因と対処法を解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneLightningケーブルケーブル充電ケーブル充電できない】の最新ニュースをいち早くお届けします。