「生ジョッキ缶」転売防止協定も、本当に転売ヤーを止める気あるのか?とネットは失望の声

アサヒビールから2021年4月に発売された「生ジョッキ缶」。中身は通常のスーパードライだが、ふたを開けるとモコモコと泡立ち、まるで居酒屋のビールジョッキで飲むような気分が味わえる、というものだ。その仕掛けのユニークさが話題となり、一時は販売休止になって今も品薄状態かつ、フリマアプリなどでの高額転売が後を絶たない。

そこで、アサヒビールとメルカリが連携し、高額転売対策に乗り出した。だがその方法が「本当に止める気ある?」と言いたくなるシロモノで、ネットからは失望の声が上がっている。

高額転売対策、それは「ユーザーさん、冷静に判断してね!」のメッセージ表示。以上!

警告メッセージが表示されていても売切れが続出している

 その対策というのが、メルカリで「生ジョッキ缶」と検索すると「検索の商品は、価格が急騰している可能性があります。店頭価格を参照いただき、購入においては冷静なご判断をお願いいたします」という警告(?)メッセージが表示される。以上である。メルカリでは定価の倍以上で販売されていても次々と売り切れている状況だ。

 そもそもメルカリによると、酒類を売る行為は酒税法に抵触するおそれがあり、違反行為であるという。にも関わらず、「定価を考えて冷静になってね」みたいなゆる~いメッセージの表示だけで、あとはユーザーの良識におまかせします!という丸投げ状態である。アサヒビールでも公式ブログで注意喚起をするのみ。

 メルカリもアサヒビールも「本当に高額転売を止める気あるの?」とネットでは呆れと失望の声が上がっている。

「生ジョッキ缶」転売防止協定も、本当に転売ヤーを止める気あるのか?とネットは失望の声のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフアサヒビール生ジョッキ缶転売】の最新ニュースをいち早くお届けします。