Gmailのセキュリティを巡って論争勃発、ショッピング履歴の個人情報が保存されている?

セキュリティに定評のあるGmailだが……

(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

スマホでも気軽にメールをチェックすることができる

 日本ビジネスメール協会が実施した「ビジネスメール実態調査2020」によると、仕事で使用しているメールソフトは「Outlook(Office 365を含む)」(50.5%)、「Gmail(G Suiteを含む)」(38.4%)と二強化が進んでいるという。Gmailは特定のメールを抽出するフィルタを使ってメールを振り分けることができる自動ラベル機能や、スレッド表示・プレビュー表示のオンオフでGmailのホーム画面を自由にレイアウトできる使いやすいデザインが支持されているようだ。

 月間アクティブユーザー数は20億人を超えるといわれているGmail。複雑なパスワードを設定したり、2段階認証機能を有効にしたりと、高いセキュリティが得られるため、ビジネスのメールとして利用する人も多いだろう。2段階認証とは、スマホに送られてくるパスワードを入力し、ログインを許可するもの。パソコンとスマホ、どちらも乗っ取られない限りはログインできない仕組みとなっている。

もともと2段階認証でセキュリティに定評のあり、日本でも多くの人が利用するGmailだが、購入履歴のセキュリティに関する真相は果たして……。この噂の真偽が早急に解決することを願いたい。

参照元:「Gmailを使っているとGoogleに個人情報や製品の購入情報が保存される」とユーザーから指摘が起きて大論争【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:Hadrian / Shutterstock.com)

Gmailのセキュリティを巡って論争勃発、ショッピング履歴の個人情報が保存されている?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスG SuiteGmailGoogleセキュリティ】の最新ニュースをいち早くお届けします。