シートベルト着用率が低い都道府県ランキング、3位福岡県、2位大阪府、では1位は?

クルマを運転する際、安全運転を心がけていても思いがけない事故は起こってしまう。その時に命を守ってくれるのがシートベルトだ。シートベルトといえば、2008年の道路交通法改正により、後部座席同乗者のシートベルト着用が義務化された。高速道路にいたっては、違反するとドライバーに違反点数が課せられるため、後部座席に乗る人もシートベルトをすることが当たり前になっているのではないだろうか。

今回は、JAFが警察庁と合同で調べた「シートベルト着用状況全国調査」から、高速道路などで後部座席同乗者のシートベルト着用率が低い都道府県を紹介しよう。

交通事故が多いうえに、シートベルトの着用意識が低い3位、2位

大阪の都心部は、怖くて走れないという声をよく耳にする

 3位は「福岡県」で58.9%。全国平均は75.8%だったため、全国平均と比べると16.9ポイントも低いことがわかった。「一般道の後部座席同乗者」の着用率はワースト11位で31.9%。福岡は、警察庁交通局によると、2020年の車保有台数による交通事故発生率では3位という、事故発生率は全国でも極めて高い方なのだ。それなのに、後部座席がシートベルトをしていない人が多いという実態は驚きだ。

 2位は「大阪府」で50.0%。全国平均と比べて、25.8ポイントも下回った。実は大阪府、「高速道路の運転者」、「高速道路の助手席同乗者」、「一般道の運転者」の3項目で着用率ワースト1位なのだ。警察庁交通局の情報では、大阪府は2020年の事故発生件数が2位という街でもある。シートベルトの着用を含め、もしかしたらドライバーの運転に対する危機意識が薄いのかもしれない。

シートベルト着用率が低い都道府県ランキング、3位福岡県、2位大阪府、では1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフシートベルトランキング大阪府沖縄県福岡県】の最新ニュースをいち早くお届けします。