シートベルト着用率が低い都道府県ランキング、3位福岡県、2位大阪府、では1位は?

1位には、あの観光地がランクイン! 一般道での着用意識も……

沖縄観光ではほとんどの人がレンタカーを借りるため、運転に慣れていない人も多そうだ

 1位は「沖縄県」で30.0%。全国平均と比べて45.8ポイント、2位の大阪府と比べて20.0ポイントも低いという圧倒的な差を見せつけている。ちなみに一般道の助手席同乗者と一般道の後部座席同乗者共にワースト1位と、どんな道路でもシートベルトの着用意識は低いようだ。もしもの事故の時、後部座席でシートベルトをしていないと、車内の座席等に激突し自らが負傷するだけではなく、前席同乗者へぶつかり危害を加えたり、窓から車外へ放出されたりと、かなりの危険が予想される。安全運転しているからなど思わず、着用意識はしっかり持ってほしいところだ。

 4位以下は次のような結果に。4位「東京都」62.9%、5位「山梨県」63.3%、6位は64.1%の同率で「佐賀県」と「長崎県」、8位「群馬県」65.2%、9位「鳥取県」66.3%、10位「高知県」67.9%。トップ3が抜きんでて、4位以下はほぼ横ばいの結果になったが、全体的に西日本の着用意識が低いと言えるのかもしれない。

 都道府県によって、これほどの差があるのは驚きだ。道路法が改正されて10年以上経っているのに、未だに着用していない人が多くいる実態。自分も含めて「大丈夫だろう」と過信することなく、日々の運転でも注意が必要だ。

出典元:シートベルト着用状況調査(2020年調査結果)【JAF

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

シートベルト着用率が低い都道府県ランキング、3位福岡県、2位大阪府、では1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフシートベルトランキング大阪府沖縄県福岡県】の最新ニュースをいち早くお届けします。