「インスタが若者のメンタルに有害」という報道にFacebookが公式に反論、その内容とは

若者のほとんどが利用しているインスタグラム。運営はあのフェイスブックであり、対応言語は32言語。世界中で使用されているSNSである。そんなインスタが、若者のメンタルヘルスにとって有害であることが明らかになった。それも、フェイスブックはインスタの有害性を認識していたのだという。いったいどういうことなのだろうか。

インスタグラムが若者の自殺願望に繋がっている?

(Image:wichayada suwanachun / Shutterstock.com)

インスタは良くも悪くも影響力の強いSNSだ

 アメリカ最大の経済紙である「The Wall Street Journal」は9月14日、「流出した内部情報によると、フェイスブックは以前からインスタが10代の若者にとって有害だと認識していた」といった内容の記事を掲載した。記事によると、フェイスブックは以前よりインスタと若者の関係の研究を行っており、「自殺を考えた10代の若者のうち、イギリス人の13%とアメリカ人の6%はインスタに原因があると回答した」という調査結果を社内で共有していたようだ。

 つまり、この報道によると、フェイスブックはインスタが若者に有害だと分かっていながらもサービスを提供し続けていたということだ。これに対し、フェイスブックは公式ブログにて「10代の若者のウェルビーイングとインスタに関する我々の調査結果の真実とは」と題した記事を投稿して反論。はたして、彼らの言い分とはどういったものだろうか。

「インスタが若者のメンタルに有害」という報道にFacebookが公式に反論、その内容とはのページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。