新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」、実際に乗り換えたのはわずか18%?

テレビCMや街中の店舗で見かけるようになった「格安スマホ」という言葉。大手キャリアからもそれに対抗する新料金プランが登場し、認知度が浸透している。その一方で、実際に大手キャリアのプランから新料金プランに乗り換える人はどれくらいいるのだろうか。今回は、株式会社エイチームのグループ会社・引越し侍が行った大手キャリアの新料金プランの認知度などに関するアンケート調査をもとに、実際の乗り換え率について見ていこう。

大手キャリア3社の新プラン、認知度は80%超

新プランに乗り換えたユーザーは20%にも満たない(エイチーム調べ)

 調査の対象となったのは、大手携帯電話会社が新たに導入した「ahamo(ドコモ)」「povo(au)」 「LINEMO(ソフトバンク)」の20GBプラン。大容量のデータ通信がリーズナブルに使えると一部では好評を得ているが、どれだけの認知度があるのか。ではさっそく大手キャリア3社の格安プランの認知度を見ていこう。

 ahamo、povo、LINEMOの認知度について、「知っている」と回答した人は全体の86.4%を占めた。新プラン別に認知度を見ると、1位ahamo(76.8%)、2位povo(63.5%)、3位LINEMO(63.0%)という並びに。2020年12月3日に新プラン「20GB 2,980円(税別)」を発表し、大手キャリアの中でも格安プランの先駆者となったahamoの認知度が頭一つ抜きん出ていることが分かった。

新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」、実際に乗り換えたのはわずか18%?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoLINEMOpovo格安プラン】の最新ニュースをいち早くお届けします。