iPhoneだけがUSB Type-Cではなく「Lightningケーブル」にこだわる理由とは?

9月24日、ついにファン待望の「iPhone 13」シリーズが発売された。ボディデザインなどは「iPhone 12」を踏襲していたこともあり一部では“マイナーチェンジ”と言われているものの、iPhone初のストレージ容量1TB搭載やリフレッシュレート120Hzの採用など、大きく変わった部分も少なくない。しかし一方で、iPhoneユーザーが期待していた変更が実現しなかったものも存在する。それがアップルの独自規格と言っても過言ではない「Lightningコネクタ」を搭載した「Lightningケーブル」だ。

今回は、規格統一をしてもらいたいiPhoneファンの声に耳を貸さず、かたくなに独自規格を貫き続けるアップルについてお伝えしていきたい。

アップル独自のLightningケーブル、いつまで続く?

LightningケーブルはiPhoneユーザーにとって見慣れたケーブルと言えるだろう

 そもそもLightningケーブルは、2012年に登場したアップル製品独自のデータ通信用ケーブルだ。それまでの幅広の「Dockコネクタ」からコンパクト化を図りフォルムを大きく刷新し、上下どちらの向きでも差し込める利便性の高い革新的なデザインが反響を呼んだ。

 しかしそんなLightningケーブルが鳴り物入りで迎えられたのもすでに9年も前のこと。デジタル技術は飛躍的に進化しており、新たな通信規格5Gの普及や先述の1TBのiPhoneの登場など、スマホで扱われるデータも大容量化していることは読者の方々もご存じのことだろう。そんな中でLightningケーブルの転送速度を考慮すると、もし1TBのデータを丸々Lightningケーブルで転送しようとした場合、理論値の速度で考えても約5時間かかってしまうという。

 一方、競合であるUSBも「MicroUSB」を経て「USB Type-C」へと、時代の流れに合わせて移り変わっている。正直に申し上げて、Lightningケーブルは時代遅れになりつつあると言わざるを得ないのだ。

iPhoneだけがUSB Type-Cではなく「Lightningケーブル」にこだわる理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPadiPad miniiPhoneLightningケーブルUSB Type-Cポートレス化】の最新ニュースをいち早くお届けします。