日本人が「テレワークだと仕事がはかどらない」非効率になってしまうならではの理由とは

日本でテレワークが普及してから約1年半が経った。各企業でテレワークの環境が整い、ビデオ会議をはじめとするオンラインでのやり取りにもすっかり慣れてきた頃だろう。通勤時間が短縮されたり、電話応対がなくなったりと時間的なメリットが多いテレワークだが、実は「仕事が捗る」と感じている人はそれほど多くない様子。アドビが7カ国を対象に行った調査では、「テレワークの方がオフィス勤務より仕事が捗る」と回答した人の割合は、7カ国の中で日本が最も少なかったのだという。

日本人で「テレワークの方が捗る」と回答したのは半数以下

効率的なはずのテレワーク、なぜ日本ではうまくいかない?

 アドビが日本やアメリカなど7カ国で行った働き方に関する調査によると、「テレワークの方がオフィス勤務より仕事が捗る」と回答したのは、グローバル平均69.1%に対して、日本は42.8%のみ。つまり、テレワークのおかげで仕事が捗っている日本人は、全体の半分以下であることが明らかになった。

 たしかに、テレワーク開始当初は周囲の目がないことからダラダラと仕事をしてしまい、かえって作業に時間がかかるといったケースもあった。しかし、1年以上テレワークを継続することで、それぞれが自分のペースを掴んで、自宅でも効率的に仕事ができるようになったのではないだろうか。いったい、何が日本人の足かせになっているのか。

日本人が「テレワークだと仕事がはかどらない」非効率になってしまうならではの理由とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。