「円満退職のコツ」ランキング、2位は日ごろの人間関係、1位は意外と忘れがちなアレ!

転職が決まったら、喜びと同時に悩ましいのが、現職場の退職だ。上司に言い出すタイミングやもっともらしい理由を考えるなど、円満退職をするために頭を悩ませる。ビジネス上の問題解決を考えるメディアBiz Hitsが転職経験者500人に「円満退職のコツ」を調査。そのコツTOP10が発表された。「へぇ~」というものから「そんなこと!?」という意外なものまでさまざまなコツがランクインした。

まずは第10位~6位まで。「立つ鳥跡を濁さず」な、わりと殊勝なコツが並ぶ結果に

円満退社で涙ながらに送り出される人。でも心の中では「大成功」と思っているかも(ビズヒッツ調べ)

 第10位は「退職の挨拶をする」。これは社会人として当たり前なような気もするが……。第9位は「普段の勤務態度」。これは退職が決まる前からの態度も含まれ、「日頃の仕事っぷりがいい加減だとうまくいかないのかな、と想像しています」(男性、29歳で転職)というような意見が多く寄せられた。第8位は「会社の都合を考慮する」。「自分の都合ばかり訴えるのではなく、都度細やかな相談を職場と重ねていくこと」(女性、33歳で転職)など、繁忙期や携わっている仕事の状況に配慮した時期の相談が大切なようだ。

 第7位は「正直に話す」。ちょっと意外なようだが、いわゆる“建前”の理由を作ろうとせず、なぜ辞めたいのかを正直に話す方がいいという意見が寄せられた。ただ、そうできた人たちは、大前提として「普段から築けていた関係があったからこそ」と語っており、これができるかどうかは、日ごろの信頼関係が円満退職を左右するようだ。

 第6位は「最後まで仕事の手を抜かない」。退職する=人が減り、残る人には多少なりとも迷惑がかかる。それを考えたうえで「最後までキチンとした態度・対応で仕事をこなす。辞めるからといって適当なことはしない」(女性、35歳で転職)、こういったことはぜひ心がけておきたい。

「円満退職のコツ」ランキング、2位は日ごろの人間関係、1位は意外と忘れがちなアレ!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス円満退職転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。