iPhone 13「電源アダプタの別売」は違法? ブラジルで過去に罰金も科された意外すぎる理由とは?

電源アダプタを同梱しない理由とは?

(Image:hanohiki / Shutterstock.com)

環境負荷、輸送コストの削減は大きなメリットになる

 アップルは電源アダプタの同梱を止めた理由について、「同梱物から電源アダプタがなくなることでパッケージが小さくなり、一度の運搬で運べる台数が増えて環境負荷が削減される」、また「ユーザーがすでに電源アダプタを所持しているケースも多い」と説明している。しかしPROCON.SPは「専用のアダプタがないと充電できず使用できない端末を別々に販売することは違法」とし、12シリーズと同様にiPhone 13もブラジルの消費者保護法に違反しているとして調査を開始した。

 日本の消費者から見れば「PROCON.SP側の対応が厳しいのでは?」という感覚もあるが、アップルの対応もなかなかだ。前回、PROCON.SPから「電源アダプタを同梱しないことでiPhone 12の販売価格が下がったか?」「電源アダプタのあり、なしで販売価格がどれくらい異なるのか?」「電源アダプタを付属しなくなったことで、電源アダプタの生産数が減少したのか?」など、その正当性を判断する問い合わせを行なった際は返答に応じなかったという。今回も引き続き詳細な説明を求めるものとされるが、議論するより罰金を支払うほうがアップルにとっては手っ取り早いのかもしれない。

 国が違えば、法律も常識も違う。13シリーズでも再び罰金が科されることになるのか、判断の行方に少し興味はある。

参照元:「iPhone 13に電源アダプタが同梱されていない」点について規制当局が調査を開始【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:leungchopan / Shutterstock.com)

iPhone 13「電源アダプタの別売」は違法? ブラジルで過去に罰金も科された意外すぎる理由とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone電源アダプタ別売】の最新ニュースをいち早くお届けします。