たばこ税、実は喫煙者の66%が「一般財源」であることを知らない。何に使われるの?

2021年10月にたばこ税の増税によりたばこが値上がりし、喫煙者の財布にとって痛手となっている。しかし、たばこの値上がりは今に始まったことではない。ここ数年だけをみても、2020年10月にたばこ税の増税、2019年10月に消費税の増税、2018年10月にたばこ税が増税と、毎年値上がりがあった。たばこ税が増税する背景には、国や地方公共団体の財源の確保といった理由があると思うが、そもそもたばこ税が何に使われているか知っているのだろうか。

今回は、ネットエイジアが喫煙者と非喫煙者500人ずつを対象に実施した「たばこ税に関する調査」を紹介しよう。

増税に対する意識は、喫煙者と非喫煙者では真逆の結果に!

(Image:prtimes.jp)

喫煙者は年齢が上がるにつれて、たばこ税の増税の反対派の割合が多い(ネットエイジア調べ)

 まずは喫煙者への増税に対する設問から。全体のうち「非常に賛成」が3.6%、「やや賛成」が9.0%、「やや反対」が22.4%、「非常に反対」が65.0%。賛成が12.6%に対して反対が87.4%とかなりの差が表れた。反対する理由として、「金銭的負担が増える・値段が高い」が51.3%、「頻繁に上がりすぎ」が20.8%、「不公平感がある」13.0%が上位を占めた。やはり、増税による値上がりそのものに反感を持っているようだ。一方で、賛成の理由として多くみられたのが、「たばこをやめるきっかけになる・喫煙者の減少につながる」の38.1%、「仕方がない」の28.6%。たばこを辞めたい人にとっては、増税が前向きに働いていることが分かった。

 非喫煙者の結果もみていこう。「非常に賛成」が53.6%、「やや賛成」が35.2%、「やや反対」が8.0%、「非常に反対」が3.2%。喫煙者とはうって変わって、賛成意見が88.8%という結果に。賛成の理由として多くみられたのが、「喫煙者減少につながる」が32.7%、「たばこは害・健康によくない」が19.1%。非喫煙者にとっては、たばこ自体に抵抗感を持つ人が多いのかもしれない。

たばこ税、実は喫煙者の66%が「一般財源」であることを知らない。何に使われるの?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフたばこ税一般財源】の最新ニュースをいち早くお届けします。