iPhone 13 Proの製造原価が約62,700円ではないかと分析会社が予想!

読者のみなさんは、スマホの製造原価について考えたことはあるだろうか。技術解析レポートを発行する半導体分析会社TechInsightsが「iPhone 13 Pro」「iPhone 12 Pro」「Galaxy S21+」(各256GBモデル)の製造原価を報告。iPhone 13 Proの製造原価は12 Proより2,350円も高いことが分かった。なぜ製造原価が高まったのか、今回はその理由について詳しく見ていこう。

機能性の向上にともない製造原価もアップ

(Image:Robert Way / Shutterstock.com)

発売日に長蛇の列ができるほど人気のiPhone 13

 同社によると製造原価はそれぞれ、iPhone 13 Proが570ドル(約62,700円)、iPhone 12 Proが548.5ドル(約60,350円)、Galaxy S21+が508ドル(約55,800円)と報じられている。iPhone 13 Proの製造原価が高騰した理由として、世界最速のスマートフォンチップ「A15 Bionic」や、安価に大容量化できるスマホの記憶装置「NANDフラッシュメモリ」の価格が高く見積もられていることや、メイン筐体のコストが増加していることなどが上がった。

 カメラ性能の向上も話題を呼んでいるiPhone 13シリーズ。広角リアカメラは、画素ピッチがiPhone 12 Proの1.4μmから1.9µmに拡大し、新しいイメージセンサーを搭載。iPhone 13の広角リアカメラのピクセルピッチは、iPhone 12の1.4μmから1.7μmに拡大。画素面積は、iPhone12より47%も増加しているという。一方、TrueDepthカメラは、iPhone 12シリーズに搭載されていたものと同じ。広角リアカメラの性能が向上したことも少なからず製造原価が高くなったことに影響しているのだろうか。

iPhone 13 Proの製造原価が約62,700円ではないかと分析会社が予想!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13iPhone 13 Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。