iPhoneでインスタが使えなくなる? AppleがFacebook社に改善を求めた内容とは

LINEやインスタグラム、ツイッターなど、若者を中心に利用されているSNS。現代ではほとんどの人が、スマホになんらかのSNSアプリを入れて利用していることだろう。だが実はフェイスブック社が運営しているインスタやフェイスブックが、iPhoneなどのアップル製品で使えなくなる可能性があるようだ。その背景には、中東で横行したインスタ上での人身売買が原因として存在するという。

今回は、アメリカの日刊経済新聞である、ウォール・ストリート・ジャーナルが2021年9月に明らかにした、フェイスブックの内部報告書の内容を紹介しよう。

Instagramを悪用した人身売買とは?

(Image:Primakov / Shutterstock.com)

中東ではいまだに恐ろしい事件が横行しているようだ

 そもそもの発端は、2019年にイギリスのBBCが「中東の業者がインスタを使い、違法に人身売買をしている」と報じたこと。サウジアラビアやクウェートで、特定のハッシュタグを使い家事労働者を販売する広告が掲載されていたと暴露した。被害者である女性たちは、密室に閉じ込められ奴隷のような生活を送り、人種ごとに分類されて闇取引されていたようだ。

 インスタでの非人道的な売買はそれだけに収まらず、2020年にイラン学生通信(ISNA)が報じたところによると、イラン警察はインスタ上で新生児の売買に関する投稿を10件~15件発見。投稿にはいずれも新生児の写真が添付されており、警察は新生児の売買に関わったとみて、3人の容疑者を逮捕している。容疑者の自宅から2人の乳幼児を確保したたが、すでに数人の新生児が売られてしまったよう。新生児は1人あたり、日本円で100万円から125万円ほどで売買されていたという。

iPhoneでインスタが使えなくなる? AppleがFacebook社に改善を求めた内容とはのページです。オトナライフは、【SNSApp StoreAppleFacebookInstagram】の最新ニュースをいち早くお届けします。