サブスク版よりもお得と噂の、永続ライセンス版「Office 2021」の国内価格が発表!

ビジネスでパソコンを使ううえで必須となっているのがWord、Excel、PowerPointなどを含むMicrosoft「Office」だ。サブスク版の「Microsoft 365」は年間1万2,984円だが、それよりもお得な永久ライセンス版も用意されており、Windows 11のリリースに合わせて2021年10月5日より最新版「Office 2021」も発売されることになった。気になる日本版の価格が発表されたので、今回は「Office 2021」の詳細を確認してみよう。

Officeはサブスク版より永久ライセンス版がお得!

Microsoft「Office」には、ビジネスでは不可欠なWord、Excel、PowerPointといったアプリが含まれている。サブスク版の「Microsoft 365 Personal」は、2021年9月時点で1年間1万2,984円(月換算1,284円)で使えるようになっており、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Microsoft エディターなどのアプリはもちろん、1TBのクラウド(OneDrive)も利用できる。

Microsoftでは、クラウドサービスはいらないし、サブスクでずっと料金を払い続けるのが嫌だという人向けに“永久ライセンス版”も用意している。永久ライセンス版の「Office 2019版」はHome&Business版(Mac&Win対応)が3万8,284円、Personal版(Winのみ・PowerPointなし)が3万2,784円だったので、3年以上使えばこちらのほうが安くつくのだ。この辺りの事情は→こちらで確認してほしいが、いよいよ2021年10月5日よりWindows 11対応の最新版「Office 2021」が発売された。ここでは注目の日本版のラインナップと価格を確認してみよう。

(Image:blogs.windows.com)

10月5日にリリースされた、Microsoft 365 と Office 2021ではアプリのデザインが一新された。新機能も搭載され、作業の効率化が図れる

「Office 2021」永久ライセンス版の価格は据え置き!

2021年10月5日発売の日本向け「Microsoft 365」と「Office 2021」はいずれも Windows 11、Windows 10、macOSで動作し、日本版価格はVisioとProjectを除いて「Office 2019」から据え置きとなった。

まず、Windows向け製品ではWord/Excel/PowerPoint/Outlookを含む「Office Home & Business 2021」(Macにも対応)が3万8,284円。PowerPointを省いた「Office Personal 2021」は3万2,784円となる。Word/Excel/PowerPoint/OutlookにAccessやPublisherを加えた「Office Professional 2021」は5万9,800円で、学生向けのアカデミック版「Office Professional Academic 2021」は3万580円と大幅値引きになっている。

次に、Mac向けは、Word/Excel/PowerPointを含む「Office Home & Student 2021 for Mac」が2万6,184円、アカデミック版でOutlookも含む「Office Academic 2021 for Mac」は1万8,480円となっている。

こちらが最新版Office統合製品のラインナップ。価格は「Office 2019」と同じなので、サブスク版から永久ライセンス版に切り替えるのもアリ!

単体アプリもそれぞれ個別に購入可能!

セット販売の「Office 2021」に含まれるアプリは、個別に単体でも販売される。Word 2021/Excel 2021/PowerPoint 2021/Outlook 2021/Access 2021/Publisher 2021は、いずれも各1万7,904円で単体購入できるので、どうしても必要なアプリのみ購入するのもアリだろう。

なお、「Visio Standard 2021」は4万5,800円、「Visio Professional 2021」は8万6,800円、「Project Standard 2021」は10万5,380円、「Project Professional 2021」は15万9,800円となっている。

こちらは単体アプリのラインナップ。必要なアプリだけを単体購入できる。Word、Excel、PowePointといったメインアプリは、いずれも1万7,904円となっている

●Microsoft「Microsoft 365 と Office 2021 で協働作業を簡単に」(公式)は→こちら
●Microsoft「Microsoft 365」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Saitee / Shutterstock.com

(※2021/10/7 記事の一部を訂正いたしました)

サブスク版よりもお得と噂の、永続ライセンス版「Office 2021」の国内価格が発表!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftMicrosoft 365OfficeOffice 2021】の最新ニュースをいち早くお届けします。