マッチングアプリの嘘とリアルな収入事情、3割弱男性が年収を盛っていることが判明!

恋活や婚活の際、マッチングアプリを使う人が増加した近年。マッチングアプリでは、プロフィールに記載されているあらゆる条件を吟味したうえで出会いたい人にアプローチをするが、条件のなかでも「年収」をチェックしている人も多いのでは? しかし、実際は本当の年収記載していない人が存在しているという。

今回は、恋活・マッチングアプリ・占いの総合情報サイト「シッテク」を運営するクリプタルが、マッチングアプリを利用している男性を対象に調べた「マッチングアプリへの年収の記載状況に関するアンケート」を紹介しよう。

年収を偽っている人の割合は3割弱!

年収が低い人ほど、盛っている人が多いよう(クリプタル調べ)

 まずは、利用者の年齢別の割合や年収について。「18歳以上の未成年」は0.4%、「20代」は29.5%、「30代」は42.7%、「40代」は23.1%、「50代」は3.8%、「60代以上」は0.4%。ミレニアル世代やZ世代といった比較的若い層が大半を占めていることがわかった。年収をみると、「300万円未満」は29.5%、「300万円~399万円」は18.8%、「400万円~499万円」は23.1%、「500万円~599万円」は13.7%、「600万円~699万円」は7.7%、「700万円~799万円」は3.4%、「800万円以上」は3.8%。学生を含む若年層が多く利用していることもあり、300万円未満が多い結果となったのだろう。

 次に、年収を偽りなく記載しているかという結果を紹介しよう。「本当の年収を記載している」は74.4%、「多く記載している」は17.1%、「少なく記載している」は8.5%。回答者の3割弱がウソの年収を記載しているというのは驚きだ。特に、年収を盛っている人が2割弱ということだが、見えを張りたいのだろうか。次に、本当の年収との差額や偽った理由について紹介しよう。

マッチングアプリの嘘とリアルな収入事情、3割弱男性が年収を盛っていることが判明!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマッチングアプリ平均年収給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。