「セブン-イレブンが多い」都道府県ランキング、5位栃木県、4位群馬県、3位山口県、2位福島県、1位は?【人口10万人あたり】

コンビニ業界で断トツのシェアを誇る「セブン-イレブン」。店舗数ももちろん日本一であり、都会では近距離で複数のセブン-イレブンが建っていることも珍しくない。また、今年ねとらぼ調査隊が発表した「好きなコンビニランキング」でも堂々の1位を獲得し、プライベートブランドの質の高さなどが国民からの厚い支持を集めている。今回はそんな大人気のセブン-イレブンの人口あたりの店舗数が多い都道府県ランキングを紹介していく。

北関東3県が7位以内にランクイン

(Image:ParinPix / Shutterstock.com)

 単純な店舗数で言えば東京が断トツだが、今回紹介するのは「人口10万人あたりのセブン-イレブンの数」。住民の数に対してどれくらいセブン-イレブンが存在しているかというデータだ。それでは早速トップ5を発表しよう。

 セブン-イレブンの数が多い都道府県ランキング、第5位は「栃木県」。店舗総数は453軒、人口10万人あたりの店舗数は23.5軒だ。続いて第4位はお隣の「群馬県」。店舗総数は472軒、人口10万人あたりの店舗数は24.3軒だ。ちなみに栃木・群馬と同じ“北関東”の「茨城県」は第7位にランクインしており、北関東3県が上位7位以内にランクインするという面白い結果となっている。

「セブン-イレブンが多い」都道府県ランキング、5位栃木県、4位群馬県、3位山口県、2位福島県、1位は?【人口10万人あたり】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフコンビニセブン-イレブン山口県山梨県栃木県福島県群馬県】の最新ニュースをいち早くお届けします。