フェイスブックが6時間もダウンした理由を幹部が説明、その内容や原因とは?

データセンターにアクセスできないことで、DNSサーバーも不良に

2つの問題が生じたことで対応が後手となり、復旧作業が約6時間に及んだ

 今回の障害では、前述したデータセンターにアクセスできないという問題の他に、データセンターとユーザーをつなぐ小規模な施設への影響も確認されている。この施設では、DNSクエリへの応答を行う役割を担っている。DNSとは、ユーザーがブラウザに入力するアドレスを特定のサーバーのIPアドレスに変換するため、インターネットのアドレス帳と呼ばれているもの。フェイスブックでは、この変換したIPアドレス情報をボーダー・ゲートウェイ・プロトコル(BGP)という通信規格を介して他の地域のインターネットに受け渡している。そのため、DNSサーバーがデータセンターと通信できなくなった。

DNSサーバーがデータセンターと通信できなくなると、ネットワークの安全性のためにBGPを使ったネットワーク管理情報のやりとりが無効になる。そのため、DNSサーバーが動作していたとしても通信できないため、「サーバーは稼働しているのに通信ができないという状況に陥ったという。

 世界中の人がどこにいても使えるデジタル技術は、私たちの生活をとても便利にしてくれる。しかしひとたびトラブルが起こると、世の中に大きな影響を与えることが改めてわかった。先日も「モバイルSuica」でチャージができない不具合も発生していた。これも便利になったからこそ、一度失ってしまったときにダメージが大きい一例と言えそうだ。

 今後開発されるデジタル技術には「トラブル発生にも強い」という側面が求められるだろう。

参照元:なぜFacebookが6時間もダウンしたのかをFacebook幹部が専門家でなくても分かるように説明【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:Primakov / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

フェイスブックが6時間もダウンした理由を幹部が説明、その内容や原因とは?のページです。オトナライフは、【SNSFacebook】の最新ニュースをいち早くお届けします。