「世界最強パスポート」、第1位に日本とシンガポールが並んだ! 渡航の自由格差拡大

日本のパスポートが、ビザなしで渡航できる国や地域数を比較したランキングで1位に輝いた。同率1位は、同じくアジア圏のシンガポール。欧米諸国を抑えたトップという成績にどこか誇らしい気持ちになるが、パスポートのランキングはすなわち「世界における渡航の自由の格差」。呑気に喜べること自体が恵まれているともいえる。

世界で最も多くの国にビザなし渡航ができる日本

日本のパスポートがあれば、文字通り世界中を旅できる

 市民権取得の支援などを手がけるイギリスのヘンリー&パートナーズが「ヘンリーパスポート指数」の最新ランキングを発表した。これは、ビザ(査証)を取得せず渡航できる国や地域の数を比較したもので、1位に日本とシンガポールが並んだ。

 一時的な渡航制限などは考慮されていないが、理論上、両国のパスポートを持っている者はビザなしで192カ国に渡航できることになる。日本の外務省が承認している世界の国は196カ国であるため、世界中のほぼすべての国に行けると言っても過言ではない。

 「このような数字を見ると、日本ってすごい国なんですねぇ~っていつも思う」「日本のパスポートって日本に居る時にはありがたみが分からないけど、外国へ行くと水戸黄門の印籠のように威力を発揮する」など、ネット上には驚きや賞賛の声があふれていた。

「世界最強パスポート」、第1位に日本とシンガポールが並んだ! 渡航の自由格差拡大のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフパスポートビザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。