「Nintendo Switch(有機ELモデル)」がついに発売! 注目すべきアップグレード内容とは?

発売以来、マイナーチェンジや新モデルの発売など、進化を続けてきたニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)。2021年10月8日に新型の有機ELモデルが発売された。心待ちにしていたファンも多いだろう。では、従来のスイッチとのスペックの差はどういったものがあるのだろうか。

今回は、アメリカのGIZMODOの実機体験を参考に、新モデルのスペックについて紹介しよう。

7インチの有機ELスクリーンが映像美をアップグレード

(Image:nintendo.co.jp)

希望小売価格は3万7,980円。既存モデルよりも5,000円高い価格設定

 まずは、ディスプレイの大きさの変化から。既存モデルでは6.2インチのところ、新モデルは7インチの新しい有機ELスクリーンを採用している。しかし全体的なサイズは大きくならず、ディスプレイの縁である「ベゼル」をスリムにすることで、うまくバランスをとっている。

 また、有機ELスクリーンのおかげで色合いの豊かさや鮮やかさが増しているようだ。解像度は既存モデルと同じく720pであるが、「メトロイド ドレッド」を実際にプレイしたライターによると、解像度は気にならなかったよう。画面が大きくなったことで全体的な画素密度はわずかに下がったが、ある程度画面との距離を離してプレイしても、個々のピクセルが浮き立つことはく、これまでよりも手持ちモードが快適に遊びやすくなった感じがあるとのこと。

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」がついに発売! 注目すべきアップグレード内容とは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNintendo Switch任天堂有機ELモデル】の最新ニュースをいち早くお届けします。