サブスク初心者が陥りがちな「トラブル」とは? 国民生活センターへの相談は毎月500件

定額料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用できる「サブスクリプション型サービス」。「Spotify」などの音楽ストリーミング系や、「Netflix」「Amazonプライム」といった動画ストリーミング系が有名だが、最近では“洋服借り放題”“ランチ食べ放題”といったユニークで実用的なサブスクも続々と登場している。

しかし、そんなサブスクに関するトラブルが、いま消費者の間で多発しているという。いったいどんなトラブルが発生しているのだろうか。

サブスクに関するトラブルの相談は毎月500件…なぜ?

無料だから申し込んだのに請求が発生している!?

 国民生活センターによると、サブスクに関する消費者からの相談は毎月500件ほど届いているとのこと。契約内容を正しく認識しないまま契約してしまい、想定外の請求に気付いてトラブルになるケースが頻発しているようだ。

 なかでも相談が多かったのは、「○カ月無料」といった無料トライアルの広告を見て契約を申し込み、トライアル期間が終了したことに気付かず自動的に有料サービスに移行しているケース。相談内容としては、「無料で申し込んだのに、いつの間にか請求が発生している!」といったところだ。

 普段からサブスクを利用している人にとっては「そりゃそうでしょ」と思う話だが、サブスク初心者はこれを認識しておらず、「無料なら」と気軽に試す人も多い。“無料期間終了後は自動的に有料サービスに移行する”というサブスクの基本的な仕組みを、そもそも知らないのだ。

サブスク初心者が陥りがちな「トラブル」とは? 国民生活センターへの相談は毎月500件のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフサブスク国民生活センター】の最新ニュースをいち早くお届けします。