会社のパソコン大丈夫? 企業のWindowsの半数以上がWindows 11非対応だと判明!

マイクロソフトから2021年10月5日にリリースされた「Windows 11」。Windows 11はUIの刷新やマルチウィンドウの採用をはじめ多くの機能が追加されており、読者の中にもすでに利用している人もいるのではないだろうか。一方で、インストールする上で必要なスペックの条件が厳しく、インストールできなかった人もいるという。
 今回は、IT資産管理ソフトウェアを展開するLansweeperが公表した「企業で利用されているWindows端末におけるWindows 11への対応状況に関する調査」について紹介しよう。

パソコンの性能のなかでも、CPU、RAM、TPMが重要項目

(Image:A9 STUDIO / Shutterstock.com)

Windows 95以来左下と決まっていたスタートボタンがセンター寄せになったWindows 11

 まずは、Windows 11の特徴からみていこう。最大の変更といえば、Windows 95以来左下と決まっていたスタートボタンがセンター寄せになったことだろう。左下にも固定できるため、今までの使用感を気にいっている人でも安心だ。また、“ウィンドウズ”という名前の通り、ウィンドウを2分割や4分割して、複数のアプリを並行して実行することができる。さらに「Microsoft Teams」が標準搭載され、Windows 10ではオプションだったセキュリティ機能が標準で有効に。これらの機能が搭載されたためデバイスに高いスペックが求められるようになったのかもしれない。

 次にWindows 11で必要なスペックについて紹介しよう。重要な要素として挙げられるのは、「CPU」「RAM(メモリ)」「TPM(Trusted Platform Module)」の3つ。CPUは、「1GHz 以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSoC(System on a Chip)」であること。RAMは「4GB以上」。TPMは、「TPM 2.0のサポート」。手動でインストールする場合、CPUはチェックされないというが、自動でアップグレードする場合は3つの条件を満たさなければ、実行しない仕組みになっているようだ。

会社のパソコン大丈夫? 企業のWindowsの半数以上がWindows 11非対応だと判明!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftWindows 10Windows 11】の最新ニュースをいち早くお届けします。