iPhone SE(第3世代)2022年モデルついにお披露目!? リーク情報から読む2つの特徴とは

9月に「iPhone 13」シリーズが発売され、世の中のiPhoneファンが大いに沸き立ったことは記憶に新しい。そんなiPhone界隈で、今度は「iPhone SE」の第3世代に関するリーク情報が現在ネット上で注目を集めている。iPhone SEといえば2020年に発売された第2世代でも指紋認証機能「Touch ID」が搭載されていた。iPhone 13で期待されながらも実装の無かったTouch IDは、果たして第3世代に実装されるのだろうか?

今回は、リーク情報を基にしたiPhone SE第3世代に詳細について迫っていきたい。

iPhone SE次期モデルのCG動画がリークされる

(Image:Framesira / Shutterstock.com)

iPhone SEの第2世代は2020年発売だ

 iPhone SE第3世代の情報が公開されたのは、海外YouTubeチャンネル「Consepts iPhone」だ。iPhone SE第3世代の予想CGが公開され、ボディの全容が明らかとなっている。公開された44秒の動画によれば、ボディはiPhone 13に近いフラットなデザインで、ディスプレイからは画面上部のノッチが消え、パンチホール型のインカメラが搭載されることとなるようだ。またカラーバリエーションも紹介されており、ピンクのような明るく目を引くカラーを中心に5色のボディが並ぶ。

 動画後半にはアップルのロゴマークが表示され、この動画がアップルによって制作されたものであることを示唆しているようだ。

 この動画以外にも、世界中の著名なアナリストがiPhone SE第3世代に関する情報を発信しており、ミンチー・クオ氏は来年初めに登場するiPhone SEが、5G対応iPhoneとして最も安価なモデルになると予想。さらにディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏からは、2022年モデルではデザインは変わらないが、2023年に登場するモデルではノッチが廃止され、ディスプレイも6.1インチになると伝えている。

iPhone SE(第3世代)2022年モデルついにお披露目!? リーク情報から読む2つの特徴とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone SE】の最新ニュースをいち早くお届けします。