「dTV」とは? 月額料金やメリット・デメリットは?

dTVは、ドコモが提供している動画配信サービスで、いろんなジャンルの動画を楽しむことができるようになっている。そこで今回は、dTVを利用するにあたってのメリット/デメリットや月額料金・セット料金プランについて解説していく。ぜひ参考にして欲しい。

「dTV」とは

dTVとは、ドコモが提供している動画配信サービスで、いろんなジャンルの動画を楽しむことができるようになっている。そこでここでは、dTVとは具体的にどういったサービスになっているのかを解説していく。

・ドコモが提供する動画配信サービス

dTVとは、ドラマ・映画・アニメ・音楽ライブなど様々なジャンルの中から、自分が好きな動画を見放題できる、動画配信サービスになっている。dTVはドコモが提供している動画配信サービスになっており、会員登録することでサービスを利用できる。そして、視聴できる作品数も12万本以上となっており、毎月新しい作品も追加されているため、幅広いジャンルの動画を楽しむことができる。また、セット料金プランも用意されており、お得にサービスを利用できる。

・ドコモユーザー以外でも加入できる

dTVは、ドコモが提供している動画配信サービスになっている。しかし、ドコモユーザーはもちろんのこと、ドコモユーザー以外であってもdTVを利用できるようになっている。よって、ドコモユーザー限定の動画配信サービスではなく、誰でも気軽にdTVを利用できるのだ。

・dTVチャンネルとの違いは?

ドコモが提供しているサービスの中には、dTV以外にdTVチャンネルがある。では、dTVとdTVチャンネルの違いはなんだろうか。dTVとdTVチャンネル、どちらもドラマ・映画・アニメなど様々なジャンルの中から、自分が好きな動画を見放題できる動画配信サービスになっている。しかし、dTVは自分が見たい作品を選択して再生するオンデマンド型のサービスに対して、dTVチャンネルは放送している作品をリアルタイムで視聴するリニア型のサービスになっているのだ。また、dTVチャンネルでは月額料金858円(税込)で好きな作品が見放題になっており、31日間は無料でサービスを利用できるので、気軽に試すことができる。もちろん、ドコモユーザー以外であってもサービスを利用できる。

「dTV」の月額料金は?

dTVとは、ドラマ・映画・アニメ・音楽ライブなど様々なジャンルの中から、自分が好きな動画を見放題できる動画配信サービスになっている。そして、ドコモユーザー以外であってもサービスを利用できる。しかし、このdTVの月額料金は一体いくらくらいかかるのだろうか。そこでここでは、dTVの月額料金やお得になるセット料金について解説していく。

・月額料金

dTVの月額料金は、550円(税込)になっており、ドラマ・映画・アニメ・音楽ライブなど様々なジャンルの作品が見放題になっている。また、レンタル作品もあるので、気に入った作品があれば個別で購入できるようになっている。そしてこのレンタル作品は、dTVの会員登録をしなくても、購入できる。

・他のサービスとの併用でお得になるセット料金もある

ドコモが提供しているサービスの中には、dTV以外にdTVチャンネルがある。そして、dTVとdTVチャンネルを同時に申し込めるセット料金プランもあり、月額料金1078円(税込)でサービスを利用できる。dTVチャンネルの月額料金は、858円(税込)・dTVの月額料金は、550円になっているので、セット料金プランに申し込んだ方が330円安くサービスを利用できるのだ。dTVだけでなくdTVチャンネルも利用したい場合は、セット料金プランを使って、お得にサービスを利用しよう。もちろん、ドコモユーザー以外であってもサービスを利用できる。

「dTV」を利用する7つのメリット

ここまでは、dTVのサービスや月額料金・お得になるセット料金について解説した。そしてここからは、dTVを利用するメリットについて解説していく。

【メリット①】コストパフォーマンスが良い

dTVを利用するメリットとは、コストパフォーマンスが良いことだ。dTVの月額料金は、550円(税込)になっているが、視聴できる作品数は12万本以上になっている。この月額料金で、これだけの作品数が見放題になっているので、かなりお得なサービスであると言える。また、dTVでは会員登録しなくてもレンタル作品を購入できるため、気軽にサービスを利用できるところもメリットだ。また、dTVとdTVチャンネルを同時に申し込めるお得なセット料金プランもあり、月額料金1078円(税込)でサービスをお得に利用できる。

【メリット②】動画コンテンツのダウンロードができる

dTVを利用するメリットとは、動画コンテンツのダウンロードができることだ。dTVで見たい作品があれば、デバイスにダウンロードすることでオフライン再生できる。オフライン再生できれば、通信制限を気にすることなく作品を視聴できるということだ。また、1アカウントにつき、5台までデバイスの登録ができるようになっている。そのため、スマホやタブレットなど複数のデバイスでダウンロードした作品を視聴できるのだ。また、作品をダウンロードしておけばいつでも好きな場所で視聴できるので、時間と場所を選ばずに快適にサービスを利用できる。

【メリット③】マルチデバイス対応でどこでも視聴できる

dTVを利用するメリットとは、マルチデバイス対応でどこでも視聴できることだ。dTVで作品を視聴できるのは、スマホだけではない。スマホ以外にタブレット・パソコン・テレビでも、作品を視聴できるようになっている。また、1アカウントにつき、5台までデバイスの登録ができるようになっている。そのため、スマホやタブレットなど複数のデバイスから作品を視聴できるのだ。

【メリット④】倍速再生ができる

dTVを利用するメリットとは、倍速再生ができることだ。dTVの倍速再生は、1.5倍・2倍で再生できるようになっており、隙間時間や移動時間内に作品を視聴したいときなどにおすすめの機能になっている。

【メリット⑤】dポイントの利用ができる

dTVを利用するメリットとは、dポイントの利用ができることだ。ドコモユーザーであれば、dポイントを貯めている人も多いだろう。そして、このdポイントはdTVのレンタル作品を購入する際に利用できるようになっている。また、dポイントはdTVの月額料金・レンタル作品の購入によって貯まっていく。ドコモユーザーでなくても、dポイントは貯まるので、貯まったらレンタル作品の購入に利用しよう。

【メリット⑥】無料で視聴できるキャンペーンがある

dTVを利用するメリットとは、無料で視聴できるキャンペーンがあることだ。dTVでは、無料お試しキャンペーンを実施しており、31日間は無料でサービスを利用できる。とりあえず試してみたいという人は、無料キャンペーンを利用してみよう。もちろん、ドコモユーザーでなくても、無料キャンペーンは利用できるので、誰でも気軽に作品を視聴できる。

【メリット⑦】韓流ドラマのコンテンツが豊富にある

dTVを利用するメリットとは、韓流ドラマのコンテンツが豊富にあることだ。dTVで見れる作品は、12万本以上。そのうち、海外作品は700本になっているが、その中でも韓流ドラマは500本もある。よって、韓流ドラマが好きな人は、充分楽しめるようになっている。

「dTV」を利用する4つのデメリット

先ほどは、dTVを利用するメリットについて解説した。そしてここからは、dTVを利用するデメリットについて解説していく。

【デメリット①】画質がやや低い

dTVを利用するデメリットとは、画質がやや低いことだ。dTVは、他の動画配信サービスと比較すると画質がやや低いというデメリットがある。なぜなら、dTVはスマホ向けの動画配信サービスになっているため、テレビでもdTVは視聴できるが、テレビ向けではないため画質がやや劣ってしまうデメリットがあるのだ。dTVの画質は4つに分かれており、「ふつう」・「きれい」・「すごくきれい」・「HD」がある。スマホで視聴するなら、「すごくきれい」で、テレビであれば「HD」で視聴するのがおすすめだ。

【デメリット②】最新作は別途料金がかかる

dTVを利用するデメリットとは、最新作は別途料金がかかることだ。dTVは、月額料金550円(税込)の動画配信サービスになっている。しかし、最新作はレンタルして料金を支払わないといけないというデメリットがある。レンタルするのにかかる料金は、1作品につき330円~550円(税込)になっている。また、レンタル料金は「ふつう」・「きれい」・「すごくきれい」・「HD」などの画質や、作品によって異なるので注意しなければならない。

【デメリット③】複数デバイスでの同時視聴はできない

dTVを利用するデメリットとは、複数デバイスでの同時視聴はできないことだ。dTVでは、1アカウントにつき、5台までデバイスの登録ができるようになっている。このことから、スマホやタブレットなど複数のデバイスでダウンロードした作品を視聴できる。しかし、同時に視聴できるのは1台のみになっているので、家族がテレビで作品を視聴しているときに、自分のスマホで作品は視聴できないというデメリットがある。

【デメリット④】4Kに対応したコンテンツが少ない

dTVを利用するデメリットとは、4Kに対応したコンテンツが少ないことだ。dTVの作品は、「ふつう」・「きれい」・「すごくきれい」・「HD」までの画質になっており、HD以上の4K対応の作品はほとんど配信していない。よって、テレビで綺麗な画質の作品を楽しみたいと思っても、HD画質までの作品しか視聴できないというデメリットがある。

「dTV」をおすすめの人はどんな人?

dTVを利用するメリット・デメリットについて解説したが、dTVがおすすめの人はどんな人なのだろうか。そこでここでは、dTVはどんな人におすすめの動画配信サービスなのかを詳しく解説していく。

【おすすめ①】料金をできるだけ安く抑えたい人

dTVは、料金をできるだけ安く抑えたい人におすすめの動画配信サービスだ。dTVは、月額料金550円(税込)という安さで、12万本以上の作品が見放題になっている。他の動画配信サービスと比較しても、月額料金550円(税込)は圧倒的に安い。また、マルチデバイスにも対応しており、複数のデバイスで動画を楽しむことができる。ただし、4Kに対応した作品数が非常に少ないため、スマホやタブレットでの利用が多い人向けのサービスと言えるだろう。また、dTVだけでなくdTVチャンネルを同時に申し込めるセット料金プランもある。セット料金プランを利用すれば、月額料金1078円(税込)でサービスを利用できるためかなりお得だ。dTVチャンネルの月額料金は、858円(税込)・dTVの月額料金は、550円になっているので、セット料金プランに申し込んだ方が330円安くサービスを利用できるのだ。

【おすすめ②】動画配信サービスを初めて利用する人

dTVは、動画配信サービスを初めて利用する人におすすめの動画配信サービスだ。月額料金が550円(税込)と圧倒的に安いので、とりあえず試してみたいという場合は利用しやすい。また、31日間は無料でサービスを利用できるので、気軽に試すことができる。そして、ドコモユーザー以外であってもサービスを利用でき、お得なセット料金プランも用意されているためおすすめだ。

【おすすめ③】韓国ドラマを観たい人

dTVは、韓国ドラマを観たい人におすすめの動画配信サービスだ。dTVで見れる作品は、12万本以上。そのうち、海外作品は700本になっているが、その中でも韓流ドラマは500本もある。よって、韓流ドラマが好きな人は、充分楽しめるようになっているのでおすすめだ。

【おすすめ④】家でライブを楽しみたい人

dTVは、家でライブを楽しみたい人におすすめの動画配信サービスだ。dTVでは、ドラマ・映画・アニメなど様々なジャンルの中から、自分が好きな動画を見放題できる動画配信サービスになっている。しかし、ドラマ・映画・アニメ以外に音楽ライブを楽しむこともできるようになっている。そのため、家でアーティストやお笑い芸人のライブを視聴したいという人には、特におすすめだ。迫力ある映像を見ることができるので、好きなアーティストやお笑い芸人がいる人は、ぜひ試して欲しい。

「dTV」とは? 月額料金やメリット・デメリットは?のページです。オトナライフは、【動画・音楽dTVdTVチャンネルドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。