埼玉県の「住み続けたい街」ランキング、3位秩父市、2位比企郡滑川町、1位に輝いた街は?

大東建託株式会社の「賃貸未来研究所」は2021年3月17日~30日、全国の521,456名(2019年・2020年・2021年回答者累計、2021年のみの回答者数は187,302名)に対して「住み続けたい街 自治体ランキング 埼玉県版」の調査を行なった。これは、イメージ調査とは異なり、実際に住んでいる人々がその街に対してどのように感じているのか反映されたものなので、住まい選びをする人々にとってより良い情報となるはずだ。

3位は住み良さも観光地も兼ね備えた秩父市!

秩父ミューズパークの展望台から望める雲海が美しい

 賃貸未来研究所は、これまでも神奈川県版や千葉県版などの調査結果を発表してきている。ライフスタイルを見直す機会も多いコロナ禍、移住を検討する際に候補として挙がるのは、関東圏の郊外の街が多いのではないだろうか。埼玉県もしかりだろう。そこで、埼玉県内ではどの街が住みやすい街なのか、さっそくランキングを見ていくことにしよう。

 第3位は「秩父市」で、偏差値は68.3だった。秩父市は「愛着がある自治体ランキング」で1位、「誇りがある自治体ランキング」で2位にランクイン。古くから山間都市として、門前町や市場町、宿場町として発展してきた歴史ある街だ。

 市の西部には、秩父多摩甲斐国立公園や武甲・西秩父などの県立自然公園が広がり、自然環境に恵まれた地域で、観光地としても名高い。一方、市の東部には市街地、商店街、住宅地などが集まり、住みやすい街が形成されている。住んでいる場所から少しの移動で、古い町並みやカヌーでの川下りができる観光スポットがあるのは魅力的だ。

埼玉県の「住み続けたい街」ランキング、3位秩父市、2位比企郡滑川町、1位に輝いた街は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング住みたい街埼玉県】の最新ニュースをいち早くお届けします。