「アメリカ」にとって最も大事な国ランキング、2位「イギリス」を抑えた1位は? 気になる「日本」の順位は?

アメリカといえば、政治的、経済的、軍事的面で国際社会に多大な影響を及ぼす超大国なのは言うまでもなく、日本でも毎日のようにアメリカとの関係性が取りざたされている。ではそんなアメリカが、重要なパートナーと思っている国はどこなのだろうか。果たして上位に、日本はランクインしているのか。

今回は、外務省がアメリカの18歳以上の男女1,013人を対象に調べた「重要なパートナーの国(2020年度)」について紹介しよう。

類似の文化や言語が上位の理由か?

(Image:GTS Productions / Shutterstock.com)

MLBやNHLなどのプロスポーツではカナダにもチームが存在し文化のつながりも深い

 第1位となったのは、アメリカのお隣「カナダ」で50%の回答者が「重要である」と挙げた。最近でも2016年、2018年に1位、その他の年でも上位3位以内にランクインしているなど、アメリカ人がパートナーとして重要視していることがわかる。言語はアメリカと同じく英語ということでコミュニケーションもとりやすい。アメリカとカナダは隣国として国境が引かれているが、実は「世界一長い非武装国境」でもあるのだ。お互いに信頼し合っている関係性を考えても1位は納得の結果となった。

 第2位は「イギリス」の44%。2015年から2017年まで1位だったが、2018年に3位後退。2019年は2位ということで2年連続2位という結果に。カナダと同様に、言語は英語。発音の違いで聞き取りづらいこともあるようだが、日本でいう標準語と関西弁の違いのようなものであれば大きな問題ではないのかもしれない。アメリカにとって、イギリスはかつての宗主国で古くからのつながりも深いため、アメリカがパートナーとして選んだのも納得できる。次に日本の結果を紹介しよう。

「アメリカ」にとって最も大事な国ランキング、2位「イギリス」を抑えた1位は? 気になる「日本」の順位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフアメリカイギリスカナダランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。