1日中イヤホンを装着すると耳の保護機能を損なうと、豪の生理学大学教授が警鐘を鳴らす

イヤホンや耳栓の使用頻度が高い人は、気をつけたほうがいいかもしれない。「耳を長時間塞ぐことでゴミや細菌を自浄する耳のシステムが妨げられる」と、専門家が警鐘を鳴らしているのだ。外出中に音楽を聴いたりWeb会議でイヤホンをしたりと、人によっては生活の必需品でもあるイヤホンだが、健康を損なっては意味がない。

イヤホンが邪魔する「耳の自浄システム」って?

細菌やゴミの流入を防ぐためにイヤホンは清潔に保ちたい

 外出先での音楽や動画の視聴、また学校のオンライン授業や仕事のWeb会議。イヤホンを装着する時間は今後も減ることがなさそうだ。近年はワイヤレスイヤホンなども多く登場し、その人気を広げ続けている。しかしそんな中で、現在注目を集めているのが「耳の健康」に与える影響だ。

 オーストラリアのボンド大学、生理学・薬理学教授のCharlotte Phelps氏は、1日中イヤホンを装着すると耳の保護機能を損なってしまうと警鐘を鳴らしている。耳には「自浄システム」があり、入ったゴミや細菌、古い皮膚など不要なものは耳垢にからめとられる形で外に排出されていく。耳垢はそれ自体がゴミのように思われているが、実は「天然のワックス」とも言える大切なもので、外耳道の毛包にある皮脂腺と汗腺から出た分泌物でわざわざつくられているのだ。不要物をからめとり、内側から外へ、決して逆流せず出ていくようになっている。よくできたシステムなのだ。

1日中イヤホンを装着すると耳の保護機能を損なうと、豪の生理学大学教授が警鐘を鳴らすのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAirPodsAirPods Proイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。