新500円硬貨が11月1日から登場! キャッシュレス全盛時代でもやっぱり必要なワケ

2021年11月1日から、いよいよ新しい500円硬貨が登場する。令和3年度は2億枚が発行される予定なので徐々に流通量が増加していき、いずれアナタの手元にも届くことだろう。しかし、キャッシュレス全盛の現在でも、やはり新500円硬貨は必要なのだろうか? そこで今回は、新500円硬貨がどうして新しく発行されたのか、その理由を解説したいと思う。

どうして21年ぶりに新しい500円硬貨が登場したのか?

(Image:mof.go.jp)

アナタは2021年11月1日に新しい500円硬貨が登場することはご存じだろうか? 本来、新500円硬貨の導入は2021年上半期の予定であったが、新型コロナウイルスの影響を受けて11月に延期されていたのだ。

それにしても、日本ではここ数年で一気にキャッシュレス化が進んだため、今では外出時にスマホだけで財布を持ち歩かない人も増えてきた。そんな時代にどうして500円硬貨が新しく発行されることになったのだろうか?

その理由はズバリ“偽造対策”である。500円硬貨は1982年に初代が発行されて以来、2000年に2代目が発行されており、現行の500円硬貨は3代目となる。この2代目が登場した理由もやはり偽造対策だったのだ。実は世界的に見ても500円の高額な硬貨は非常に珍しく、偽造されるとその被害が大きくなってしまうのである。

もちろん、キャッシュレスが進んだ現在でも、意外と医療機関やローカルなスーパー、個人商店などでは、現金しか使えないことも多いし、地震や災害で停電になったり、スマホのバッテリーが切れたときなどは、やはり現金の出番となる。とくに500円硬貨は自動販売機や駅の券売機などでの利用率も高く、現在流通している500円硬貨は約50億枚。新500円硬貨は、2022年3月までに約2億枚も発行される見込みなのだ。

(Image:mof.go.jp)

500円硬貨は3種類ある。直径はすべて26.5mmでまったく同じだが、素材はすべて異なる。また、初代は70.2g、2代目は70.0g、3代目は7.1gと微妙に重さが異なる

新500円硬貨には最新の偽造防止技術がてんこ盛り!

新500円硬貨には、最新の偽造防止技術がたくさん投入されている。まずは「バイカラー・クラッド」技術だ。これは、2種類の金属板を挟んだ「クラッド技術」でできた円盤を、別の金属から作ったリングにはめ込む「バイカラー技術」を組み合わせたもの。単一素材ではなく、3つの素材を複雑に組み合わせた特殊な構造となっているため、偽造しにくくなるのだ。

2つ目は硬貨の縁のギザギザの変更である。現行500円硬貨では同一方向に斜めのギザギザが刻まれているが、新500円硬貨では一部が異なる形状になっており、大量生産される通常貨幣としては世界初の技術となる。

ほかにも、転写による偽造を防ぐ技術もたくさん盛り込まれている。たとえば、表面の縁に微細文字で「500YEN」と「JAPAN」が刻印されていたり、硬貨を傾けたときに見える隠し文字「潜像」が、新500円硬貨では上から見たときに「JAPAN」、下から見ると「500YEN」の文字が現れるようになっているのだ。

(Image:mof.go.jp)

新500円硬貨はニッケル黄銅、白銅、銅という3種類の素材を組み合わせた複雑な構造となっている。そのため、見た目では中心部分と外周リングで色が違うのが特徴となっている

(Image:mof.go.jp)

現行500円硬貨は斜め線が均一に入っているだけだが、新500円硬貨では、一部に複雑な斜め線が入っている

(Image:mof.go.jp)

新500円硬貨の表面の縁には、微細文字で「500YEN」と「JAPAN」が刻印されている。これで転写による偽造が難しくなる

(Image:mof.go.jp)

現行500円硬貨は下から見ると「500円」という文字が浮き上がるが、新500円硬貨では上から見たときにも「JAPAN」の文字が浮き上がるようになっている

新500円硬貨が11月1日から登場! キャッシュレス全盛時代でもやっぱり必要なワケのページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレス新500円硬貨新紙幣硬貨貨幣】の最新ニュースをいち早くお届けします。