利用者が多いクレジットカードランキング、選ばれるクレカの共通点は「ポイント」と「年会費」にあった

近年普及が進むキャッシュレス決済の中でも、やはりいまだに圧倒的な存在感を放っているのがクレジットカード決済だ。QRコード決済など新たな決済方法が浸透してきた昨今でも保有率が下がることはなく、むしろ「年会費無料」や「ポイント優遇」など各サービスがそれぞれの取組みでシェア拡大を図り続けている。

今回は、2021年5月に実施された調査の結果から、現在のクレカ業界の市場シェアをご紹介していきたい。

“最も利用者が多いクレジットカード”はいったい何?

(Image:retirementbonus / Shutterstock.com)

「キャッシュレス・消費者還元事業」も、クレカ利用を後押しした

インターネット広告事業を展開する株式会社サザンダイアは10月15日、20歳以上のクレジットカード利用経験者を対象として5月に実施したクレジットカードの利用実態についてのインターネット調査の結果を公開した。回答者の年齢層で最も多かったのは「60歳以上」で18.4%。次に多かったのは「25~29歳」の14.3%でその次が「30~34歳」12.9%となっている。

今回は調査の中でも、利用しているクレカ(複数枚所有者は、直近で入会したもの)の設問に注目していきたい。第5位となったのは3.5%で「dカード」だった。dカードといえばドコモ系列のクレカであり、他サービスでもdポイントを貯めているドコモ経済圏の住民が恩恵を受けやすい。また2021年にスタートし注目を集めている「新プラン」ahamoでもdカードを登録すると毎月の通信容量がプラスされるなど、ポイント以外でのメリットがあるのも魅力と言えそうだ。

ランキング4位には「JCB一般カード」が4.4%でランクイン。年会費無料を維持するために一定の条件が設定されているが、クレジットカードの国際ブランド「JCB」が持つブランドの信頼感もあって選ばれているのかもしれない。

利用者が多いクレジットカードランキング、選ばれるクレカの共通点は「ポイント」と「年会費」にあったのページです。オトナライフは、【マネーJCBカードPayPayQRコード決済クレカランキング三井住友カード三井住友カード ナンバーレス楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。