「京王線」乗降人数ランキング 1位・新宿駅に続く2位・3位はいったいどこ?

東京都の西部を中心に、神奈川県北部までにまたがり鉄道路線を運行している「京王電鉄」。大きく分けて京王線、井之頭線の2つあり、中でも新宿から京王八王子駅を結ぶ全長37.9kmの鉄道路線は、新宿に最大約40分でアクセスできるため、通勤や買い物などに重宝しているという読者もいるのではないだろうか。では、一体何人ほどの人が京王線を利用しているのだろう。

今回は、京王電鉄が発表している「鉄道事業概要1日の駅別乗降人員」から、2020年度の京王線駅の1日平均乗降人員数を紹介しよう。

1位は誰もが予想できる「新宿駅」。50万人以上が乗降と圧倒的

(Image:Khun Ta / Shutterstock.com)

さまざまな路線が通っており、地下通路なども複雑。そのため新宿駅をモチーフとした「新宿ダンジョン」というRPGゲームが作られたほどだ

まず誰しもが予想できるであろう1位は「新宿」。2020年度の乗降人員数は50万6,932人と2位と大差をつけての首位に輝いた。2019年度は78万8,567人だったため、1位とはいえ、人の流れは随分減っていたことが数字として表れている。

「乗降客数が世界一多い駅」としてギネス記録にも認定されている新宿駅は、京王線以外にもJR、小田急、東京メトロ、都営地下鉄と多数の路線との乗換駅として利用されている。さらに日本最大の繁華街・歓楽街が東口から広がっており、昼夜を問わず人の流れが絶えることがない。2020年には東西自由通路が開通するなど、利便性も高まった。京王線の乗降人数1位の駅となるのは、今後もおそらく変わらないであろう、巨大なターミナル駅だ。

1位は誰もが予想できると思うが、2位以下がどんな結果になっているのだろうか。

「京王線」乗降人数ランキング 1位・新宿駅に続く2位・3位はいったいどこ?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング京王線分倍河原駅府中駅新宿駅調布駅鉄道電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。