兵庫県民の「住み続けたい街」ランキング、4位神戸市東灘区、3位赤穂市、2位西宮市、1位に選ばれたのは?

中華街や港町として有名な神戸市、宝塚歌劇団で有名な宝塚市、四国と本州を結ぶように位置する淡路島、また、有馬や城崎といった有名な温泉街まで、幅広い魅力のある街が揃う兵庫県。そんな数ある街のなかでも、兵庫県民が「住み続けたい!」と思うのはいったいどの街なのだろうか。今回は、大東建託が兵庫県在住の20歳以上男女を対象に実施した調査結果をもとに紹介していく。

神戸市垂水区や灘区を抑えて第5位にランクインした「加古郡播磨町」とは!?

兵庫県では最小面積の自治体。神戸には約40分。姫路には約30分という好アクセスも人気の理由か?(画像:播磨町公式Facebookより引用)

●兵庫県播磨町HPは→こちら

第5位は「加古郡播磨町」。なんと神戸市の垂水区や灘区という都会の街を抑えての第5位へのランクインだ。他の都道府県民からすると「初めて聞いた」という人も多いのではないだろうか。加古郡播磨町は、町の面積の30パーセントを新島・東新島という人工島が占めており、新島工業団地を中心に約60もの企業が工場を構えている。そのなかには川崎重工業、神戸製鋼など日本を代表する企業の工場も。さらに他都市へのアクセスも良好で、神戸まで約40分、姫路まで約30分とベッドタウンとしても有能なことから人気が高まったよう。それにしても、TOP5にランクインするとは驚きだ。

第4位は「神戸市東灘区」。神戸の中心地である三宮まで約15分、大阪の中心地である梅田へも約30分と抜群のアクセスが魅力。南部には日本有数の酒どころである灘五郷のうち、魚崎郷・御影郷があり、情緒ある町並みも楽しめる。また、区内には大学も多く、若者が集まる街ならではの活気にあふれ、お洒落なカフェなども多い。南側には六甲アイランドがあり、外資系企業の進出から外国人の居住も多く、異国情緒も感じられる表情豊かな街である。

3位は時代劇で有名な「赤穂市」、2位には県内第3の都市「西宮市」も

芦屋市は、市内の“どこ”に住んでいるかで地域内格差もあるとかないとか……(大東建託調べ)

第3位は「赤穂市」。兵庫県西南部に位置し、岡山県との県境にある街だ。赤穂といえば有名なのが塩と、忠臣蔵で有名な赤穂浪士のふるさとという点だろう。塩づくりは令和元年に日本遺産に認定されている。岡山寄りの立地ではあるが、京阪神へのアクセスも良い。JR新快速直通運転により、播州赤穂駅から神戸や大阪、京都まで乗り換えなしでアクセス可能になり、都市部への観光・ショッピングも身近な街だ。

第2位は「西宮市」。兵庫に限らず、関西エリアという広い視点で見てみても、今回のような「住みたい街調査」では人気が高く上位の常連だ。何といっても魅力は抜群の立地とアクセスの良さだろう。阪急電鉄、JR、阪神電車が利用できるうえに、大阪・神戸のちょうど真ん中の立地で非常に便利だ。また、子育ての悩みの解決に尽力してくれる「子育てコンシェルジュ」など子育て・教育にも力を入れている街としても知られている。

第1位は「芦屋市」。「やっぱり」と思う人も多いはず。日本を代表するセレブの街として有名だ。その中でも、「日本のビバリーヒルズ」と称される「六麓荘町」は超高級住宅街として知られている。町内会が大きな権力を持ち、街の美化と景観を守っているそうだが、その町内会の入会金は50万円とも言われていて、庶民は絶対住めない街といっても過言ではない。

とはいえ、芦屋市でもいわゆるセレブな街は北の山側。海側は庶民の街とされており、地域内格差もあるとかないとか……?芦屋市は謎めいた街、ともいえるのかもしれない。

出典元:「いい部屋ネット住み続けたい街ランキング2021<兵庫県版>」【いい部屋ネット

※サムネイル画像(Image:beeboys / Shutterstock.com

兵庫県民の「住み続けたい街」ランキング、4位神戸市東灘区、3位赤穂市、2位西宮市、1位に選ばれたのは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング住みたい街兵庫県神戸市東灘区芦屋市西宮市赤穂市】の最新ニュースをいち早くお届けします。