約55%の店舗が「キャッシュレス決済を導入したいと思わない」と回答、この波に乗らない本音とは

近年爆発的な勢いで普及し、多くの人が利用している「キャッシュレス決済」。テレビを見ていても、何らかのキャッシュレス決済サービスのCMを一度も見ないという日は無いのではないかと思うほどに世の中に浸透してきている。しかし世の中にはまだ「うちでは現金以外使えないよ!」という我が道を貫く硬派な(?)店舗があることも事実。果たしてそんな店舗はどのような理由でキャッシュレス決済を導入していないのだろうか…。

世の中で進むキャッシュレス決済、けれど店舗はいまだ未対応も多い

(三井住友カード・SMBC GMO PAYMENT調べ)

利用者は80%近いキャッシュレス決済だが、導入済みの店舗は30%未満だ(三井住友カード・SMBC GMO PAYMENT調べ)

三井住友カードとSMBC GMO PAYMENTの2社は10月15日、6月に実施したインターネット調査「レジとキャッシュレス決済に関する調査」の結果を発表した。対象となったのは、全国の20代~50代男女256名と実店舗を保有している個人事業主250名で、消費者と店舗それぞれの視点からキャッシュレス決済に対する意識を調査した。

消費者に対する調査では、キャッシュレス決済の利用の有無を確認する設問で77.3%の人がキャッシュレス決済を利用していることが判明し、着実にキャッシュレス決済が世の中に浸透してきていることが判明した。また、利用しているキャッシュレス決済では「クレジットカード」が81.8%で他を圧倒。歴史あるクレカの存在感が高まっている様子がわかる。

消費者は80%以上が支持するキャッシュレス決済だが、一方で店舗の支持はそこまででもない。「導入している」は29.2%に留まり、「導入していないが導入したいと思っている」15.6%を含めても45%に満たず。「導入したいと思わない」が55.2%と過半数を獲得する結果となった。店舗としてはまだ半分以上が「キャッシュレスはいらない」と思っているらしい。

約55%の店舗が「キャッシュレス決済を導入したいと思わない」と回答、この波に乗らない本音とはのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。