「ローソン」が多い都道府県ランキング、第3位は「島根県」、第2位は「青森県」、では第1位は?【人口10万人あたり】

ランキング第1位の県は?ローソンの発祥はアメリカオハイオ州の牛乳屋さん

(Image:yu_photo / Shutterstock.com)

ローソンの看板は、J.J.ローソンの牛乳屋に由来し作られたもの

そして、第1位の人口10万人あたりのローソンの店舗数が日本で最も多い県は、「鳥取県」であることが分かった。店舗数は136店舗だが、人口10万人あたりでは24.6店舗になる。鳥取県にはローソンが2012年に設立した「農業生産法人ローソンファーム鳥取」があり、そこで栽培された大根がおでん用に加工され全国の店舗に出荷されているそうだ。

ちなみに6位から10位までは上から順に、「徳島県」、「富山県」、「大分県」、「山梨県」、「沖縄県」と続く。また、逆に人口10万人あたりで最も少ない都道府県は、「静岡県」と「三重県」で7.7店舗という結果だった。この2件にお住まいの読者は「ローソン?そういえば近所で見かけないな」と思いながらこの記事を読んでいたかもしれない。

以上、ローソンの店舗数が多い都道府県ランキングを紹介したが、いかがだっただろうか。上位の県の出身や在住している人にとっては、「確かにローソン多い!」と思う結果だったのではないだろうか。ライバルのセブンイレブンが比較的少ない、関西や中国、北東北などの地域で多く出店しているようだ。

1939年にアメリカはオハイオ州でJ.J.ローソンという人物が開いたミルクショップが発祥であるローソン。その後、アメリカの大手コンビニチェーンに成長したローソンが、日本に初めて誕生したのは、1975年のこと。第1号店は大阪府豊中市の「桜塚店」。以来全国各地に出店を続け、2021年4月時点の国内総店舗数は14,585店。健康や美容に配慮した商品が豊富で、大ヒットしたオリジナル商品も数多い。今後もセブンイレブンやファミリーマートと熾烈な勢力争いを繰り広げながらも、魅力的な商品やサービスを全国で提供し続けていってほしいものだ。

出典元:「ローソン」人口10万人あたりの店舗数が多い都道府県ランキング! 第1位は鳥取県!【2021年最新調査】【ねとらぼ調査隊

※サムネイル画像(Image:yu_photo / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「ローソン」が多い都道府県ランキング、第3位は「島根県」、第2位は「青森県」、では第1位は?【人口10万人あたり】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキングローソン島根県秋田県青森県高知県鳥取県】の最新ニュースをいち早くお届けします。