大手キャリアが、iPhone SE(第2世代)を「一括10円」で販売できる意外な裏ワザとは?

最近、大手キャリアや家電量販店では、iPhone SE(第2世代)が「一括10円」という驚きの価格で販売されているのをご存じだろうか? しかも、大手キャリアでは通信契約なしの“スマホ単体購入”でも3万円程度の値引きが行われているのである。これはいったいどういうことなのか? そこで今回はどうして今、iPhone SE(第2世代)が異常な価格で販売されているのか? その意外な裏ワザを解説しよう。

iPhone SE(第2世代)が7月頃から大幅値引きされている!

アナタは2021年7月ごろから大手キャリアや家電量販店(ドコモ、au、ソフトバンク)で「iPhone SE(第2世代)」の値引き合戦が過熱しているのをご存じだろうか? 詳しくは→こちらで確認してほしいが、AppleStoreの正規価格が64GBモデルで4万9,800円、128GBモデルは5万5,800円なのに、大手キャリアや家電量販店では、64GBモデルが一括10円で販売されているのである。

もちろん、iPhone SE(第2世代)が一括10円で買えるのは新規契約やMNPによる乗り換えが条件になるが、注目したいのは“通信契約なしでの単体購入”した場合でも、3万円程度の値引きが適用されることだ。

そもそも大手キャリアがスマホの値引販売をするのは、新規やMNPによって通信契約を獲得するための手段である。スマホの単体販売で値引きをするメリットはないはずなのに、どうしてこのような値引きが行われているのだろうか? そこには意外な裏事情が隠されていた……。

大手キャリアが新規やMNPで顧客を獲得するためにスマホを安く販売するのは理解できるが、どうしてスマホ単体の販売でも大幅値引きしているのだろうか?

そもそも大手キャリアでスマホを単体で購入できるの!?

ここまでの説明で「そもそも大手キャリアでも、通信契約なしでスマホを単体購入できるの!?」と思った人も多いことだろう。

かつて、大手キャリアでは2年の長期契約をすることでスマホを大幅に安く購入することが当たり前だった。やがて、電話番号を維持したままキャリアを乗り換えられる「MNP(携帯番号ポータビリティ)」が実施されると、他キャリアからの引き抜き合戦が過熱し、しまいには「スマホは一括0円」「家族4人でMNP乗り換えすると20万円キャッシュバック」といった過剰なキャンペーンが実施され、社会問題となった。

そこで総務省では「スマホと通信契約をセットにする場合の値引きは2万円まで」「通信契約とスマホの分離販売」といった方針を打ち出し、大手キャリアを指導してきた。そのため、現在では大手キャリアの店舗や家電量販店のキャリア販売コーナーでは、通信契約なしでもスマホの単体購入を拒めない状況なのである。

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアでは一括販売と分割支払いの両方に対応している。ソフトバンクとドコモでは契約書類を書く必要があって面倒くさいが、auでスマホを一括払いで購入するときは、書類を書く必要はなく普通にスマホだけを購入できるそうだ。

かつて大手キャリアでは、家族4人でMNP乗り換えすると20万円もキャッシュバックされるという、とんでもないキャンペーンが実施されていた

現在、大手キャリアでは通信契約なしのスマホ単体購入も可能。たとえば、auではスマホを一括で購入するとき、面倒な手続きなしで普通にスマホだけをサクッと購入できる

iPhone SE(第2世代)を一括10円で販売できる裏ワザとは?

大手キャリアが自社の回線契約者数を増やすために、スマホを一括10円で売るのは理解できるが、どうして通信契約なしのスマホ単体販売でも3万円割引きが行われているのだろうか? 

その理由は、やはり大手キャリアが人気の高いiPhone SE(第2世代)を一括10円で販売することで、新規やMNPでの通信契約を獲得したいからだ。

そもそも、総務省の指導では“通信契約とスマホのセット販売の割引きは上限2万円まで”というものであり、スマホ単体での販売については値引き額に制限はない。そこで、まずiPhone SE(第2世代)を3万円値引き販売し、通信契約とセットで購入すればさらに2万円割引きすることで、一括10円を実現しているのである。

つまり、通信契約なしのスマホ単体販売でも3万円割引きされるのは、iPhone SE(第2世代)の一括10円を実現するにために編み出された裏ワザの副産物だったのだ。

(Image:FOXARTBOX / Shutterstock.com)

約5万円のiPhoneSE(第2世代)を一括10円で販売するには、総務省の“割引き上限2万円”の規制を突破する必要がある。その裏ワザの副産物として、スマホ単体販売でも3万円割引きされているのだ

結局、得しているのは転売ヤーだけでは?

いかがだろうか? 大手キャリアがiPhone SE(第2世代)を一括10円で販売するために裏ワザを駆使した結果、スマホの単体販売でも3万円値引きされるという、いびつな副産物が生まれることになった。

大手キャリアがiPhone SE(第2世代)を3万円割引きする原資は、当然キャリア側の負担になるはずだ。しかも、自社回線を契約をしてくれないのだから、スマホを単体で販売してもキャリアは大損であろう。

とはいえ、現実には新規契約やMNPで乗り換えをするときは、iPhone SE(第2世代)を一括10円で購入する人がほとんとで、iPhone SE(第2世代)だけを単体で購入する者はごく少数だという。

現在、中古スマホショップでのiPhone SE(第2世代)の新品買取価格は2万5,000円ほどなので、もし2万円で購入できれば。差額の数千円を儲けることができる。おそらく、大手キャリアでiPhone SE(第2世代)を単体購入しているのは、転売目的のいわゆる“転売ヤー”たちであろう。

だが、そのしわ寄せは、最終的に大手キャリアを利用しているユーザーが支払っている月額料金に跳ね返って来ることになるのだ。

参考元:iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?【ITmedia Mobile】
●AppleStore「iPhone」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Eldis Skenderagic / Shutterstock.com

文=すずきあきら/編集・ライター

大手キャリアが、iPhone SE(第2世代)を「一括10円」で販売できる意外な裏ワザとは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleauiPhoneiPhone SEソフトバンクドコモ一括10円】の最新ニュースをいち早くお届けします。