イカゲームに頼りすぎ!? ネトフリ有料会員数増も、今後に残されている大きな“課題”とは

韓流ドラマ「イカゲーム」が話題の米動画配信大手・Netflix。2021年 7~9月期の純利益が、なんと前年同期比83%増の14億4,907万ドル(約1,660億円)だったと発表した。これは9月に配信が始まった「イカゲーム」が大いに貢献しており、有料会員数の伸びが“復調”したかに見える。しかし“復調”ということは……そう、Netflix、実は大苦戦していたのである。

有料会員数を復調させてくれた、ネットフリックスの救世主・イカゲームだが……

(Image:David Esser / Shutterstock.com)

イカゲーム目当てに入会して、「既に見終わった」という人も多いのでは?

2021年7月に発表されたNetflixの2021年12月期第2四半期(21年1月~6月)の決算発表では、前年同期比で増収増益と堅調な業績かのように思える。しかし、新規の有料会員数の伸びの勢いは弱まっていた。新型コロナウイルス流行の影響で世界的な“巣ごもり”需要が高かった2020年に比べて、その伸びがかなり失速していたのである。

そんななかに救世主がごとく現れたのが、あの「イカゲーム」だ。全米Netflixの「今日のTOP10」ランキングで、韓国コンテンツとして初の1位を獲得。そのおかげもあって会員数は9.4%増の2億1,356万人となった。2021年7~9月期に有料会員数が440万人増加したのだから、まさにイカゲームさまさまである。

しかし、このイカゲーム特需、長く続くとは思えないのである。

イカゲームに頼りすぎ!? ネトフリ有料会員数増も、今後に残されている大きな“課題”とはのページです。オトナライフは、【動画・音楽Netflixイカゲーム】の最新ニュースをいち早くお届けします。