新発売「AirPods」第3世代の機能はどう進化した? AirPods Proとは何が違うの?

10月26日に、アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」の第3世代が発売開始される。価格は23,800円(税込)。これまでAirPodsを使ってこなかったアップルユーザーも、この機会に購入を検討している人が多いのではないだろうか。今回発売される第3世代は、従来のものと比べてどう進化したのだろうか。また、2019年10月に発売された「AirPods Pro」と比較して、どちらを購入するべきなのだろうか。

AirPods第3世代はどう進化した?

(Image:Hadrian / Shutterstock.com)

「耳からうどん」が改良!アップルも気にしていたのかも……

まず進化したのは、見た目。2016年に初代AirPodsが発売されてから、第2世代でもデザインが大きく変わることはなかったが、今回は耳から伸びる棒の部分が短縮されたほか、外観は上位モデルのAirPods Proに似たかたちとなり全体的なデザインがスタイリッシュになった。

また、機能面ではバッテリー駆動時間が進化している。1回の充電で、第2世代は最大5時間の再生が可能だったが、第3世代は6時間の再生が可能。ちなみにAirPods Proは4.5時間なので、この点は第3世代の方が優れていると言えるだろう。

そして今回の目玉である、「空間オーディオ」対応。この機能によって、Apple Musicの特定の楽曲などで立体音響効果を楽しむことができる。すでにAirPods Proには搭載されている機能だが、「自分の周りで音楽が演奏されているような感覚」が味わえるとのことで、音楽や映像の臨場感を楽しみたい人にはうってつけだ。

新発売「AirPods」第3世代の機能はどう進化した? AirPods Proとは何が違うの?のページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsAirPods ProApple】の最新ニュースをいち早くお届けします。