【令和3年版】これぞ大人の不労所得!JRA天皇賞(秋)で最大の儲けどころがやってきた!

注目の大一番、天皇賞(秋)

●年に一度の特別な勝負

 この週末は衆議院選挙やJRAの天皇賞(秋)などビッグイベントが盛りだくさんだ。我々の生活に直結する選挙はとても大事であり、有権者であれば必ず投票に行ってほしい。そして同様に、100年に一度の対決と話題になっているJRAの天皇賞(秋)も、ぜひ勝負したい一戦だ。

 選挙結果次第では各党が公約に掲げている給付金の期待もあるが、すぐに実施されるとは限らないし、誰もが対象になるわけでもなさそう。また先日抽選された、1等前後賞合わせて5億円のハロウィンジャンボで夢破れた人もいるだろう。緊急事態宣言が解除されて出歩く機会も増え、何かと物入りなこの時期。ここらでひとつ一獲千金を狙ってみたいところ。宝くじやロトなどは賞金額も大きく夢は大きいが、当選確率は1000万分の1というものもあり、現実的ではない。ならばそれらよりも、はるかに現実的で多くの勝ち組が存在している競馬が狙いだ。

 競馬は年間数億円儲けている人もいれば、毎月数万円ほどの利益で楽しんでいる人もいるという。ただし数億円を稼いでいるようなプロは、1日の馬券投資金が数百万円もあるような資産家が多く、一般人向けの手法ではない。一方で毎月お小遣い稼ぎのファンが活用しているのが、プロの情報を活用した馬券勝負。彼らは競馬によって不労所得を現実としているのである。

●プロの情報とは?

 競馬には情報とデータに基づいた様々な予想法が存在する。特に重要なのは情報だ。競走馬は機械ではないので、その日その日によって体調が変わるし、レースによって適正あるいは関係者の狙いも変わってくる。そういったデータに反映されない最新の情報を把握することが、馬券の的中に直結するのである。そして情報は、多くのファンが目にするスポーツ紙や競馬専門紙、テレビやインターネットなど様々な場所で見ることができる。しかしそれらの情報はあくまでも表向きのもの。天皇賞であれば1着賞金1億5000万円という破格の金額。勝てば馬主は1億2000万円、調教師は1500万円、騎手と厩務員はそれぞれ750万円がもらえる。そんな大きいレースで、状態や作戦をわざわざ他の陣営にわかるように晒すことはあり得ない。しかしその本音がファンにとって重要。そこで注目されるのが、その本音を入手することができるマスコミではない別の存在、それが競馬関係者だ。

●マスターズというプロの存在

 競馬情報のプロと言って思い当たるのは、競馬関係者集団のマスターズ。現代競馬において情報の三本柱と呼ばれる【馬主・厩舎・騎手】を徹底把握するために、実際に競馬界で活動している大物馬主・元調教師・元JRA騎手などの競馬関係者が集まって設立された会社だ。「東京コースの達人」「G1レースの達人」「芝中距離戦の達人」などあらゆる条件に特化した達人が存在しており、どんなレースでも一般的なマスコミでは入手できない情報を知ることができる。そしてその実力と実績は、当然のことながら一般的なマスコミや競馬ファンを大きく凌駕している。

競馬界の構造。この三本柱が馬券においても重要だ

 今週行われる天皇賞(秋)は現在2年連続で的中。そして今年のG1レースも、スプリンターズステークス終了時点で13戦11勝の的中率84.6%を記録。その中には多くの万馬券が含まれており、その実力に驚かされる。今年に入っても100円が10万円以上の払戻になる10万馬券を数多く的中。まさに一獲千金を現実にさせる本物だ。

●週末の天皇賞(秋)で掴んだ衝撃の情報

 そんなマスターズが昨年に続く的中に自信を見せるのが週末の天皇賞(秋)である。今年は過去最高クラスの好メンバーが揃ったといわれている。昨年無敗の三冠を達成し、残り2戦で引退が決定しているコントレイル。G1レース5勝の最強牝馬グランアレグリア、皐月賞を快勝した最強3歳馬の一角エフフォーリア、菊花賞馬ワールドプレミア、4連勝中のヒシイグアス、白毛の女王ソダシを追い詰めたペルシアンナイトなど、歴史に残る一戦となっている。見るだけでも価値があるレースだが、ここはマスターズの情報を活用して馬券で勝負するのが最適な判断。なぜならマスターズは、この天皇賞(秋)で【馬連3点勝負の無料公開】を実施すると発表しているのだ。

人気確実のコントレイルに不安も?

●まさかの大波乱決着?

 マスコミの報道を見ると、コントレイル・グランアレグリア・エフフォーリアの3強対決という雰囲気が漂っている。確かに実績を見ればこの3頭が有力かもしれない。しかし秋華賞で断然人気のソダシが敗退したように、何が起こるのがわからないのが競馬。そもそもこの3頭はすべて休み明けぶっつけの勝負であり、仕上がり具合など不安要素も少なくない。では本音のところはどうだろうか。マスターズが事前に明かした話を要約すると以下の通りとなる。

本当の仕上がり具合を関係者が本音で語るはずがない。仮に失敗したとしても、それを明かせば自らのミスを認めるようなもの。彼らはそんな恥をかきたくない。だからマスコミの情報を鵜呑みにしては、あとで大きく後悔することになる。この天皇賞は、例の3頭を超える勢いと仕上がりで逆転を狙うある陣営がいる。その馬が鍵。馬券的にも好配当が期待でき、この秋一番の大勝負になる”

 この内容からもわかるように、関係者の本音や裏情報を知り尽くすマスターズが狙う馬こそが、天皇賞(秋)で買うべき馬であり、それが一獲千金に繋がる最重要情報なのである。そんな重大な情報を無料で公開するのだから、これはぜひ活用したい。そして天皇賞以降も、エリザベス女王杯やジャパンカップ、そして有馬記念へ続くJRAのビッグレースも、マスターズの情報を使ってさらに一獲千金を狙ってみてはどうだろうか。

CLICK→【無料公開!天皇賞・秋『馬連3点勝負!』】マスターズ

*本稿はPR記事です。

【令和3年版】これぞ大人の不労所得!JRA天皇賞(秋)で最大の儲けどころがやってきた!のページです。オトナライフは、【マネーJRA万馬券天皇賞競馬】の最新ニュースをいち早くお届けします。