新型MacBook Proのノッチ搭載に「必要性を感じない」と厳しい意見多数! あなたはどう思う?

新型MacBook Proに、iPhoneシリーズでおなじみの「ノッチ」が登場したことが話題を呼んでいる。今回初めてMacBookにも搭載されたのだが、違和感を覚える人も少なくないという。スマホのノッチには「邪魔だから早くなくなってほしい……」といった意見も聞こえてくるが、MacBookの搭載にはどのような反応が寄せられているのだろうか。今回は、MacBook初のノッチについて世間の評価を詳しく見ていこう。

ディスプレイを最大化させるノッチとは?

iPhoneの新型モデル発売時にも度々話題に上がるノッチ

画像は(Amazon.co.jp)より引用

ノッチとは、カメラを配置するためにディスプレイ上に設けた切り欠きのこと。「大きな画面のスマホが欲しい」というユーザーのニーズもあり、画面を大型化するためにメーカーが四苦八苦する中で、これまでのベゼル(縁)から進化したのがノッチだ。

iPhoneシリーズでは2017年に発売された「iPhone X」で初めて搭載されて以来、2021年10月現在最新の「iPhone 13」までノッチが採用され続けている。しかし、ユーザーからは「邪魔」という意見も多く、ノッチからさらに面積が少なくなった「パンチホール」式や、ディスプレイの中に埋め込んでしまうものも登場してきている。

そんな時代遅れになりつつあるノッチが、10月18日に発表された新型MacBook Proで採用されたことで大きな注目を集めている。

今回新たに発売されるのは、14インチ・16インチサイズの新型モデル。アップル史上最もパワフルなチップと称した「M1 Pro」「M1 Max」や、外部インタフェースポートの復活など、話題の機能が満載。そこに加えて、Mac歴史上初となるノッチが搭載されるというのだ。

新型MacBook Proのノッチ搭載に「必要性を感じない」と厳しい意見多数! あなたはどう思う?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleMacBook Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。