「iPhoneを探す」機能をオフラインで使う方法と必要な前準備について解説!

iPhoneを探すは、紛失したiPhoneに電源が入っていて、ネットワークに繋がっていないと探すことができないと思われがちだが、iOS 13以降からオフラインでも「iPhoneを探す」機能が利用できるようになった。

どのように、オフラインで探すことができるのか解説を行っていく。その前に、「iPhoneを探す」とはどんな機能なのか簡単に説明しておこう。

そもそもiPhoneを探すってどんなサービスなのか

(Image:apple.com)

「iPhoneを探す」とは、Apple社ならではのサービスで、iPhoneの場所が分からなくてもiCloudを使い、今どこにあるのか追跡することができる機能。

手元にiPhoneがなくても、iPhoneに紐付けているiCloudのメールアドレスとパスワードが分かれば、MacBookやiPadでiPhoneの場所を確認することができる。

ある程度の位置が特定できると、自分の行動からあるべきはずの場所を特定することができるので、とても便利な機能のひとつ。

この便利な機能である「iPhoneを探す」をオフラインで使うには、次のように操作を行う必要がある。

iPhoneを探す機能をオフラインで利用する方法

(Image:apple.com)

手順は2つと非常に簡単で、この流れに沿って操作するとiPhoneがどこにあるか特定できる。

1. iPhoneやiPad、Macにインストールされている「探す」というアプリを立ち上げる
2. 「デバイスを探す」を選択する

ここで、iPhoneの居場所が地図上で表示されたはず。思い当たる場所であれば、電話で問い合わせて保管しておくように伝えましょう。

反対に全く身に覚えのない場所が表示されたら、警察に紛失届を出すか、電波が入ることを願い着信や留守電を残しておこう。

簡単に、「iPhoneを探す」が利用できたと思いますが、もし利用できなかった場合は、次に紹介する前準備を行って再度試してみましょう。

オフラインでiPhoneを探す場合には前準備が必要

これまでは、紛失や盗難で手元になくなったiPhoneを探すためには条件が必要でしたが、iOS13以降のiPhoneなら3つの条件のみでiPhoneを探すことができる。

●”探す”のネットワークに参加する
●Bluetoothをオンにしておく
●位置情報をオンにする

この3つの設定は、どのように設定すればいいのか、1つずつ解説していくので可能なら紛失前に設定しておきましょう。

”探す”のネットワークに参加する

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 一番上の自分の名前部分をクリック
3. 「探す」をクリック
4. 「iPhoneを探す」をクリック
5. 「”探す”のネットワーク」をオンにする

これで、iPhoneをなくしても、他のApple製品から自分のApple IDでログインするとiPhoneの電源が切れていても「iPhoneを探す」が利用可能になる。

Bluetoothをオンにしておく

オフラインになったiPhoneを探す場合、Bluetoothの信号をもとに探します。そのため、なくしたiPhoneでBluetoothがオンになっていないと探せません。

こちらの方法で、前もってBluetoothをオンに設定しておきましょう。

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「Bluetooth」をクリック
3. 「Bluetooth」をオンに変更する

位置情報をオンにする

オンラインでも位置情報がオンになっていないと、「iPhoneを探す」は利用できない。

以下の方法で、前もって位置情報はオンにしておこう。

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「プライバシー」をクリック
3. 「位置情報サービス」をオンにする

iPhoneを探すがオフラインに使えないときに確認すべきこと

(Image:Farknot Architect / Shutterstock.com)

前準備の位置情報やBluetoothをオンにしていて、”探す”のネットワークに参加していても探せない場合は、以下の点を確認してほしい。

探す側のApple末端に、紛失したiPhoneのApple IDでログインしているか。
紛失したiPhoneの近くは人通りが多いか。
探すiPhoneと紛失したiPhoneのどちらもiOS13以降か。

まず、探す側のApple末端に、紛失したiPhoneで使用していたApple IDでログインしていないと、「iPhoneを探す」が使えませんので探す前にはApple IDでログインして連携することを忘れずに。

また、「iPhoneを探す」を機能は、紛失したiPhoneの約半径10m以内にApple製品がないと紛失場所を特定できない仕組みとなっている。そのため、自然の中や地方でなくした場合は、見つけられない場合も多々考えられる。

さいごに、このオフラインで探せるのはiOS13以降からなので、探すiPhoneと紛失したiPhoneのどちらもiOS13以降でなければ使えません。紛失しても帰ってくるように、前もってアップデートなどをしておいたほうがいいでしょう。

iPhoneを探す機能はiOS 13以降ならオフラインでも利用できる

(Image:Bloomicon / Shutterstock.com)

iPhoneを探す機能は、万が一の時にとても便利なサービスです。これまでは利用できる条件や環境もあり、条件の整った状態以外では利用することはできませんでした。

どうしようもない状態から、ユーザーの手助けになるように改良を重ねて、iOS 13以降のモデルならオフラインの状態でもiPhoneを探す機能が利用できるようになっています。

「iPhoneがなくなって、友人にお願いして電話してもらうと電源が切れていたから諦めよう。」ではなく、一度オフラインでも捜索できる方法を試してみましょう。

※サムネイル画像(Image:apple.com)

「iPhoneを探す」機能をオフラインで使う方法と必要な前準備について解説!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhoneを探す】の最新ニュースをいち早くお届けします。