楽天モバイル、人口カバー率下方修正でローミングも終了し「電波難民」続出の可能性

楽天モバイルの後ろ倒しはどこまで続くのだろうか…。一時期は「2021年夏頃」と表明していた自社回線の人口カバー率96%到達の見込みが、今度は「2022年3月」になる見通しが明らかにされたのだ。現在、ユーザー数の拡大が至上命令とされている楽天モバイルだが、最近はユーザーから「自社回線の電波がつながりにくい」といった不満も強く聞こえ始めている。人口カバー率に加えて街中での電波強度も改善しなければならない楽天モバイルだが、今回の発表は果たしてどのような影響を与えることになるだろうか…。

楽天モバイル、人口カバー率96%の到達見込み時期を「来年3月」と発表

楽天モバイルは加入数拡大のため販売店も全国に展開中だ

楽天モバイルは10月22日、記者説明会を開催。その中で自社回線の人口カバー率に言及し、10月14日時点で94.3%であること、96%の達成時期は「来年3月」になるという見込みを明らかにした。

人口カバー率96%という目標については、キャリア参入当初に総務省に提出していた計画では「2026年3月まで」であり、そのタイミングと比較すれば「4年の前倒しに成功している」と言っていいだろう。しかし2020年12月には「2021年夏頃」への前倒しを表明し、5年近い前倒しでグループが総力を挙げて楽天モバイルに注力する姿勢をアピールしていた。しかし以降、世界的な半導体不足の嵐に楽天モバイルも巻き込まれ、基地局の増設が難航。96%到達も「2021年内」へと下方修正され、10月12日には「2022年度第1四半期」と再発表されたばかりだった。第1四半期であれば3月という発表に含まれるため正確には後ろ倒しではないかもしれないが、“四半期前半ではない”という事実が示されたも同義と言えるだろう。

楽天モバイル、人口カバー率下方修正でローミングも終了し「電波難民」続出の可能性のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauパートナー回線ローミング楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。