企業PCのWindows 11化ちょっと待った!? 賢い企業が「しばらくWindows 10を使い続ける」理由とは

2021年10月5日、Microsoft(マイクロソフト)が新たなOSとして「Windows 11」の提供をスタートした。ベースとなるのは「Windows 10」で、10からはWindows Updateで無料アップグレードも可能だ。さまざまな優れた機能が提供されており、ユーザーにとってはより使いやすく、スマートな作業が可能となる。

しかしそれは裏を返せば、要求されるハードウェア要件もこれまでより高くなるということ。つまり、パソコン1台や2台だけのアップデートというわけにはいかない企業にとっては、アップデートは「ちょっと待った!」な状況なのである。

企業のPCは「あと数年はWindows 10のまま」という調査結果も

何百、何千というPCを抱える企業にとっては費用面でも頭のイタイ話である

IT資産管理ソフトウェアを手掛けるLansweeper社が、6万組織が持つ約3,000万台のWindows端末を対象に調査を実施し結果によると、多くの企業が今後何年にもわたって、Windows 10を使い続ける可能性があるとしている。

というのも、マイクロソフトが示したWindows 11のCPU要件である、2コア以上の64ビットCPU、という条件を満たすPCを使っているのは、6万組織のPCのうちわずか44%だった。また、セキュリティ機能を提供するマイクロチップである、Trusted Platform Module(TPM)2.0も必須となるわけだが、その要件を満たすのも、52%ほどしかなかったのである。つまり約半数のPCがWindows 11へのアップグレードに追いつかない端末を使っているということになる。

さらにPCの台数が1台2台レベルの話ではない企業にとっては、いつどの部署を優先してPCを新調するのかという計画&予算にも大きく関わる、頭のイタ~イ話でもあるのだ。

企業PCのWindows 11化ちょっと待った!? 賢い企業が「しばらくWindows 10を使い続ける」理由とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftWindows 10Windows 11】の最新ニュースをいち早くお届けします。