YouTube「切り抜き動画」ランキング、トップ10の半数を占めたのはアノ人の切り抜き!

ここ1年で頻繁に耳にするようになった「切り抜き動画」。YouTuberなどがアップした動画のなかで、ポイントとなる部分や面白い部分を第三者が抜粋し、短く編集した動画のことだ。これまでならば他人の動画を勝手に編集してアップするのは著作権侵害であったが、最近は元動画のYouTuber公認で行われ、収益を分配するケースも増えている。今回は、そんな切り抜き動画の再生回数ランキングを紹介しよう。

切り抜き動画ランキング、10~6位を発表

(Image:rafapress / Shutterstock.com)

大流行中の切り抜き動画、読者の方々も一度は見たことがあるのでは?

クリエイター支援事業やコンテンツ制作事業を展開する「株式会社BitStar」は、YouTubeに関するさまざまなデータを集計した「インフルエンサーパワーランキング」を発表。今回はそのなかから「【2021年7-9月】切り抜き動画 ランキング」を抜粋してご紹介しよう。

第10位は「ジュキヤの軌跡切り抜き」。ジュキヤとは、道行く人にギリギリな質問をする街頭インタビュー企画が人気を博しているYouTuberだ。続いて第9位は「ヒカル切り抜きclub」。チャンネル登録者数458万人(2021年10月26日現在)を誇るトップYouTuber・ヒカルのチャンネルの切り抜き動画である。第8位は「TOP4切り抜きチャンネル【公式】」。TOP4とは、ニコニコ動画・YouTubeで活動しているゲーム実況者4人によるコラボグループだ。

第7位「ひろゆけ【ひろゆき切り抜き】」、第6位「ひろゆき氏の切り抜き」と、2ちゃんねる創設者・西村博之=通称ひろゆきの切り抜きが立て続けにランクイン。ひろゆきといえば、切り抜き動画の火付け役としても知られている。

YouTube「切り抜き動画」ランキング、トップ10の半数を占めたのはアノ人の切り抜き!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeひろゆき切り抜き動画】の最新ニュースをいち早くお届けします。