メルカリの救世主!? 厚さ7cmの郵便物が投函可能な新型郵便ポスト登場!

今やスマホで手軽に不用品を出品できるフリマアプリが大人気だが、発送する郵便物の厚さが3cm以上ある場合は基本的にポストに投函できず、それ以上の厚さがあるものは、わざわざ窓口で手続きする必要があった。しかし、そんなフリマアプリユーザーに救世主が現れた。日本郵便は2021年10月18日から、厚さ7cm以内の郵便物が投函できる「新型郵便ポスト」を設置することになったのだ。これにより、今後はフリマで落札された商品の発送が少し楽になりそうだ。

10月18日から厚さ7cm以内に対応した新型郵便ポストが登場!

こちらは従来の郵便ポストの写真です

 

 

フリマアプリNo,1の「メルカリ」は、2021年9月時点で月間利用者数が2,000万人を突破したそうだ。確かに、スマホで不用品を手軽に出品できるフリマアプリは便利だし、筆者もよく利用している。

とはいえ、メルカリでは送料込の値段で出品するのが一般的なので、できるだけ安い料金で発送したい。となると送料が安い「ゆうゆうメルカリ便」などを利用したくなるが、ポストに投函できる郵便物の厚さは基本的に3cmまで。それ以上の厚みがある郵便物は、わざわざ窓口に持ち込まないといけないのが面倒だった。

そんななか、日本郵便は厚さ7cm以内の郵便物が投函可能な新型郵便ポストを、2021年10月18日より順次8都府県の15局に設置すると発表したのだ。これなら、メルカリで落札された商品の発送がかなり楽になるだろう。

(Image:post.japanpost.jp)

こちらが10月18日から一部郵便局で投入される新型郵便ポスト。パッと見は従来のものと同じだが、厚さ7cm以内の郵便物に対応する

(Image:post.japanpost.jp)

こちらは新型郵便ポストの投函口。左側は厚さ3cm以内、右側が厚さ7cm以内の郵便物を投函できるようになっている

新型郵便ポストに「ゆうパック」などは投函不可!

今回、日本郵便が新型郵便ポストを投入したのは、やはり近年のEC(ネットショップ)やフリマ市場の拡大を踏まえたもの。もちろん、コロナ禍での非対面による差し出しニーズに対応するためでもある。

新型郵便ポストは10月18日より順次8都府県の15局に設置されることになっており、原則として郵便局の前に設置される。ただし、東京でも当初は品川郵便局、世田谷郵便局、深川郵便局の3局にしか設置されていないので、日本全国で利用できるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうだ。

なお、新型郵便ポストに差し入れ可能な郵便物に変更はなく、「ゆうパック」などはこれまでと同じように、郵便局の窓口で差し出す必要がある点には注意したい。

■新型郵便ポスト設置局

【埼玉県】川口郵便局/さいたま中央郵便局
【千葉県】船橋東郵便局
【東京都】品川郵便局/世田谷郵便局/深川郵便局
【神奈川県】高津郵便局/中原郵便局/横浜金沢郵便局
【静岡県】浜松西郵便局
【愛知県】名古屋西郵便局/岡崎郵便局
【大阪府】吹田郵便局/淀川郵便局
【兵庫県】尼崎北郵便局

●郵便局「小型荷物などの投函に対応する新型郵便ポストの設置」(公式)は→こちら

メルカリの救世主!? 厚さ7cmの郵便物が投函可能な新型郵便ポスト登場!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフリマメルカリ郵便ポスト】の最新ニュースをいち早くお届けします。