Facebook社製アプリはiPhoneから削除したほうがいい!? あなたの今の行動や情報、ダダ洩れかも?

FacebookやInstagram、Twitterなど各SNSは今や生活に欠かせないツールの1つ。「ちょっとでも空いた時間があればチェックしている」という人も多いのではないだろうか。特にFacebookは、世界月間アクティブユーザー数が約29億人にも及んでいる。……と聞いてもちょっと想像がつかないくらいだ。そんなFacebookを展開するFacebook社製アプリについて、研究チームがセキュリティ面で危険性があると警笛を鳴らしている。

老若男女、シーンを問わず使用されるFacebook社のアプリ

(Image:Jirapong Manustrong / Shutterstock.com)

Facebookの国内利用者層は30,40代以上が多く、Instagramは20代を中心に幅広く利用されている

現在、Facebook社はFacebook、Instagram、WhatsApp、Messengerなど多数のSNSやメッセージアプリを展開している。それぞれ世界的人気を誇っており、Facebookは前述のとおり2021年6月時点で約29億人、Instagramは2021年7月時点で約13億8,600万人、メッセージアプリのWhatsAppは2020年4月時点で約20億人と、大規模なユーザーを抱えている(2021年10月・株式会社ユニアド発表)。

この記事を読んでいる読者の中にも、スマホにFacebook社製のアプリがいくつかインストールされている、という人もいることだろう。国内ではInstagramのユーザー数がFacebookを大きく上回っているが、双方を目的や相手に合わせて使い分けているのではないだろうか。

そんなFacebook社のアプリだが、便利な反面、セキュリティに関する危険性が見受けられるとして、セキュリティ研究者は今すぐアプリをアンインストール、つまり削除することを勧めているという。一体どういうことなのだろうか……?

Facebook社製アプリはiPhoneから削除したほうがいい!? あなたの今の行動や情報、ダダ洩れかも?のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramiPhoneMessengerWhatsApp】の最新ニュースをいち早くお届けします。