Googleの新機種「Pixel 6 Pro」、iPhone 13 Proとのガチバトルでスマホ選びはカメラ性能が主戦場に?

Googleから2021年10月28日に発売された「Pixel 6 Pro」。AIを駆使した操作体験の快適性とカメラ性能をブラッシュアップしたフラッグシップ端末との呼び声が高い。先般発売された「iPhone 13」は、写真はもちろんムービー機能が進化したことをCMでも強調するなどで話題となったが、Googleはどれほどのカメラ性能を携えて戦いに挑むのだろうか。今回はカメラ機能に特化して紹介していこう。

独自チップ・Tensorと高画質センサーにより、さまざまな撮影が可能に

(Image:store.google.com)

Tensorのおかげで動作もキビキビしており、バッテリーも長時間もつPixel 6

Pixel 6 Proでは「Tensor」というチップが搭載されている。これはGoogleの研究チームが独自開発したもので、「Pixel 5」と比べてCPUパフォーマンスは80%向上、GPUパフォーマンスは370%向上したという。さまざまな機能をもたらしているが、カメラに関していえば、画像処理のクオリティ向上に寄与している。「モーションモード」や背景をぼかす機能は、このチップによるものだ。

Pixel 6 Proに内蔵されているカメラは、メインとなる50メガピクセルの「広角カメラ」、12メガピクセルの「ウルトラワイドカメラ」、さらには48メガピクセルで光学4倍ズーム・最大20倍の超解像ズームも可能な「望遠カメラ」の3種類だ。さらに「ピクセルビニング」と呼ばれる技術を用いているため、明るい日中から夜間撮影のような低光量化での環境でもしっかりと撮影できるという強みも有している。

加えて特筆すべきは「消しゴムマジック」だ。写真に映り込んだ人やものを消し込むことができる機能で、「会心の一枚が撮れたのに背景に通行人が入ってしまった!」といった泣ける写真あるあるが起こっても、しれっと消し込んでお気に入りの1枚にすることができるのだ。

Googleの新機種「Pixel 6 Pro」、iPhone 13 Proとのガチバトルでスマホ選びはカメラ性能が主戦場に?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleGoogleiPhone 13 ProPixel 6 Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。