乗り換えが複雑すぎる首都圏の駅ランキング、3位「大手町駅」2位「新宿駅」を上回る1位は?

上京してきた人がまず驚くのが、「電車の乗り換えの複雑さ」だという。基本的に地方は路線の数が少なく、JRのみという地域も少なくないため、乗り換えで迷うことはほとんどないそう。しかし東京ときたら、JRをはじめ東京メトロ、各種私鉄などさまざまな鉄道会社があり、東京を走る路線の数はなんと85路線にものぼる。鉄道会社が違うと改札も異なるため、複数路線が乗り入れる駅で迷ってしまうのは無理もない。今回は、そんな首都圏エリアの「乗り換えが複雑な駅」をご紹介しよう。

乗り換えが複雑な首都圏の駅、5位は「横浜駅」

(Image:7maru / Shutterstock.com)

2020年にニュウマン横浜がオープンして新しくなった横浜駅

リサーチ型メディア「ねとらぼ調査隊」は、「乗り換えが複雑な首都圏の駅ランキングTOP15」を発表。今回はそのなかからトップ5を抜粋してご紹介する。

第5位に選ばれたのは、神奈川県の「横浜駅」。東京都外の駅が上位に食い込んだ。JR・京急・東急・みなとみらい線・相鉄・横浜市営地下鉄の6社が乗り入れている横浜駅。駅の中心にあるJRと京急はまだしも、東急&みなとみらい線は地下にあり、しかも入り口が小さいため非常に分かりにくい。相鉄にいたってはショッピングモールの中に突如現れるので、初めて見た人は驚くだろう。

第4位は「東京駅」。東京の玄関口であり、多くの在来線や新幹線が乗り入れている。ディズニーランドに行くための京葉線への乗り換えは、かなりの距離を移動する必要があり、この先に本当にホームがあるのか不安になってしまうほどだ。

乗り換えが複雑すぎる首都圏の駅ランキング、3位「大手町駅」2位「新宿駅」を上回る1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング大手町駅新宿駅東京駅横浜駅渋谷駅電車】の最新ニュースをいち早くお届けします。